『日本史の謎は「地形」で解ける』の読書感想 – 地形を見ると歴史の定説がひっくり返る!?

日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)

日本歴史は場所や風土で作られる!?

竹村公太郎『日本史の謎は「地形」で解ける』(PHP研究所)の読書感想です。

この本について

歴史を地理や場所という視点から見直す刺激的な本。

・なぜ日本の都は長らく京都にあったのか?

・なぜ徳川家康は関ヶ原の戦いで勝った後、京都に居座らず江戸に戻ったのか?

・なぜ鎌倉幕府を開いた源頼朝は「鎌倉」で幕府を開いたのか?

・なぜ奈良が都の地位を京都に奪われて衰退したのか?

など、場所と歴史の関係についての著者の独自の視点が読んでいて刺激的な内容になっています。

場所というのはいわば環境。「土地柄」という言葉があるのように、環境は人を作ります。歴史というのは、人の行動の積み重ね。当然、環境が人の行動に何らかの影響を与えていても不思議ではありません

この本では、場所についての考察を理系的な視点、データを中心に解説しているので、読んでいてスムーズに納得してしまうというか、「だからそうなのか!」と驚いてしまうことも多々ありました。

物事には本当にいろんな見方、視点がある。そのことが実感できた一冊でした。

本の購入はこちら

コメント