財政の神様が語る人生の精髄。『随想録』を読む

随想録 (中公文庫プレミアム)

「人として大きい」というのはこういうこと。

高橋是清著『随想録』(中公文庫)の読書感想です。

この本について

戦前の日本で財政を担当した高橋是清が晩年、政治や財政政策を始め、人間観や教育観を語っている本。

この本を読めば、その思想、人間性のスケールの大きさに度肝を抜かれる内容になっています。

以下、本書の読書メモです。

銀行家の使命(P63)

銀行は預金者を大切にするのはもちろんのこと、銀行のお金を使ってくれる融資先も大切にしなければいけない。

もし、融資先のお金の使い方に問題があるならばそれを指摘し、正しい使い方をするように指導していく。

それこそが本当の意味での親切であり、銀行の役割。

自分と他人を比べるな(P96)

人生でやってはいけないことの一つは、自分と他人を比較すること。とくに、収入に関しては、絶対に比較しない。

自分より稼いでいる人には「あいつは俺より収入が良い」という嫉妬心が芽生え、それが仕事にも悪い影響を与える。

つまりろくなことがないので、比較することは無意味だけでなく有害。まとまな社会人として働くならば、「自分は自分で人は人」を貫き通す。

人生の心得(P98)

人生は浮き沈みがあって当然。栄枯盛衰は必然であり、それを嘆いても仕方ない。

大切なのは良いときには悪いことの芽があり、悪いときには良いことの芽があることに気づくこと。

つまり、自分がいるどんな境遇にも意味があることを忘れないことが大切。

お金について(P101)

お金は人生で必要なものだが、お金を貯めることを目的にするのは本末転倒。お金は道具であり、使ってこそ意味がある。

また、お金を稼ぐことだけに走るのも良くない。お金はあくまで副産物であり、目的ではない。

金儲けだけのための行動は人として宜しくない。

人生で大成する人(P104)

自分の人生は自分のもの。つまり、人生はすべて自分の責任。

他人に依存せず、自分の意志を持って道を切り開く。自主独立の気勢なくしては、真の人生はない。

自らを信じ、努力して前進していく。そんな人は人生で必ず、大成する。

正しい道を進む(P110)

人生で飢えて苦しい生活を強いられたとしても、大切なのは「自分が正しい」と信じる道を進むこと。

自分が信じる道を進んでいけば、経済的に困窮しようが、人として後ろめたいものは何一つない。

やがて、正しい状況に回帰していく。

人を採用する基準(P115)

人を雇うなら、「品性」を基準に選ぶ。

いくら学歴や才能があっても、品性が下劣なら、不正や手抜きなど、雇ったあとに後悔する問題を引き起こす。

勤勉や努力。常識。人としての品性が備わっている人を雇うのが一番の正解

人として終わっている人(P153)

人生においてひたすら肉体的快楽を追っている人は人として下。精神的向上心、修養を身に着けようとしない人と関わってはいけない。

人事を尽くして天命を待つ(P172)

日々やるべきことをきちんとやっていけば、最終的になるべく状況になる。

たとえ目の前でおかしな状況が続いても、今自分ができることをきちんとやっていく。自分が正しいと思うことをやっていく。

そうすれば状況は正され、めでたしめでたしになる。

2つの自由(P373)

自由には、

1)好き勝手に振る舞うわがままな自由

2)社会のルールに則り、他人の権利を侵害しない範囲で振る舞う大人な自由

この2つがある。

人として大切なのは言わずもがな2)の自由であり、これなくして、社会の健全性は保てない。

感想など

400ページ以上の本でしたが、あまりのエネルギーに圧倒され、即日読了してしまった本。

高橋是清は「奇想天外な人生を送った財政の天才」というイメージしかなく、実際どのような思想を持った政治家だったのか、全く知識がありませんでした。

しかしこの本を読むと、真の楽観、自助独立。スケールが大きい人とはどんな人なのか。まさに具体的なイメージがつかめる話が満載でした。

政治や金融の話とか、いろいろありましたが、一番印象に残ったのは是清の人生観であり、人間観。

すなわち、人として気概を持つこと。自分の人生は自分で何とかすること。そんな、高橋是清の大きな思想に触れることができた一冊でした。

本の購入はこちら