『非常識な読書のすすめ』の読書感想 – 書店店主が教える本当に役立つ本との付き合い方

非常識な読書のすすめ ―人生がガラッと変わる「本の読み方」30

人生を変える本との付き合い方とは。

清水克衛著『非常識な読書のすすめ – 人生がガラッと変わる「本の読み方」30』(現代書林)の読書感想です。

この本について

東京篠崎の本屋「読書のすすめ」の店長として知られる清水克衛さんの本。

本とはどのように付き合ったらいいか、人生を変えるきっかけとしてどのように読書していけばいいのか、本との付き合い方が勉強できる内容になっています。

以下、本書の読書メモです。

何のために本を読むのか(P20)

読書をする理由は、自分のパワーを最大限世の中に生かすため。

知識を覚えるためだけでなく、自分の力を世の中にアウトプット、人とのつながりを作るために読書をする。

本は受け取り手次第(P38)

同じ本でも、人によって薬にも毒にもなる。

本は読む人次第、頼って依存するものではない。生きていく力、自分で考える力を身につけるためにするもの

読者は自分の足で立つためにする。著者に依存してはいけない。

本で学んだことは実践する(P46)

本を有効活用するためには、書いてあることをやってみることが重要。それによって、初めて本当の「自分の答え」が見つかる。

自分らしい生き方を見つける3ステップ(P85)

1・今いる場所、与えられた環境でとことん頑張る。

2・高い志を持つ。

3・全力で人を喜ばせる。

若いうちは目上に可愛がられること(P108)

人生経験がないうちは、ともかく目上の人の話を素直に聞いておく。目上の人に引き立てられることは、社会で成功するためのコツ。

粋な人(P153)

自分のことより人のことを考えて振る舞える人は粋な人。小さな心配り、人に負担をかけない振る舞いが、粋な人の特徴。

感想など

本は依存するものではなく、自分の足で立つためのもの。

この本を読んで一番印象的な言葉ですが、一時期、ある本に依存してしまう時期があります。

その本に書いてあることを、金科玉条のごとく絶対視して、自分の頭で考えることをやめてしまう。

気がつけば、その本の著者の「ネギカモ」になってしまう。

そうならないために、

・何のために本を読むのか?

・そもそもなぜ読むのか?

など、自分なりに理由付けがあり、判断基準を持っておくと、本は薬となり、人生を改善させるきっかけになります。

読書は参考にしつつ依存はしない。バランスの良い本との付き合い方をしたいものです。

本の購入はこちら

非常識な読書のすすめ ―人生がガラッと変わる「本の読み方」30