本当に大切なものは身近なところにある。『今度は愛妻家』を観る

今度は愛妻家【通常版】[DVD]

後悔しないために、大切な思いは言葉と態度で伝えたい。

豊川悦司、薬師丸ひろ子主演『今度は愛妻家』(2010年)の感想です。

この映画について

北見俊介(豊川悦司)は人気カメラマンだったが、今は金髪のプータローもどきのダメ男。仕事を放棄し、ギャンブルや女遊び、絵に書いたようなダメ生活をしていた。

妻のさくら(薬師丸ひろ子)はそんな俊介に愛想を尽くし、一人旅へ。さくらの口うるさい行動にうんざりする北見だが、徐々にさくらの存在の大切さに気づいていく・・・。

トレイラーはこちら

感想など

物語についての重大なネタばれがあります。

最初はほのぼのとした夫婦映画のノリで、トヨエツと薬師丸さんの夫婦のからみが単純に面白かったのですが、後半から話の本筋が明らかに。

カリスマカメラマンだったはずの俊介が、なぜプーのようなダメ男キャラなのか、ストーリーが進むにつれ、俊介が仕事への情熱を失ってしまった理由が判明。

夫婦のグタグダした日常を描いた映画かと思っていたら、全く予想外の展開に、激しく心を揺さぶられてしまいました。

現実を受け入れることができない俊介が、脳内で構築する妻との何気ない日々。

妻の愛情に対して、感謝もせず、何もしてやれなかったことを後悔し、過去の自分を責める姿は、大切なものを失うことの辛さを伝えてきます。

何気ない日常の積み重ねの中にこそ、本当に大切なものがあり、その大切なものを失ってしまったとき、ようやく大切なものの本当の価値が理解できる

それに気がつくか気がつかないかは大きな違い。だからこそ、それを失ったとき初めて、立ち直れないほどの大ダメージを受けてしまうのかもしれません。

それにしても、薬師丸さん演じる北見の妻、さくらが本当に魅力的です。

一途で健気、俊介の健康を気遣い、あれこれと世話を焼こうとする女性らしい振る舞いは、本当に魅力的です。

まぁ、さくらの夫を思う気遣いの行動は多少「重い」ときがあるかもしれませんが、それでも、さくらの気持ちは、夫のことを一途に考える真っ直ぐなもの。

純粋な愛情が行動の動機。だからこそ俊介は、それを失い、初めてその大切に気がつき愕然。妻を失った悲しみが癒えることはありません。

クリスマスの夜、俊介はさくらの幻影に伝えます。

なんで俺はもっとお前を大切にしなかったんだろう。俺はさ、お前がこんなに早く死ぬとは思わなかったんだよ。

これからはお前の言うことを何でも聞くから。浮気もやめるしちゃんと働くし子ども作る。

今度こそお前を大事にするから。俺、ちゃんとするから。だから側にいてくれよ。

人生には失って初めて気がつくものがある。当たり前だと思っていたこと、それを失い、当たり前が当たり前でないことに気がつく

本当に大切にしたいものほど、それがどれだけ当たり前で身近にあったとしても、それに甘えていてはいけない。

だからこそ、日常の当たり前に思えることにこそ、きちんと感謝を示すことが大切なのかもしれません。

大事なものほど失って初めて、その大切さに気がつくのは人生よくあること。まぁ、大切なものほど、普段から意識しておかないと、

優しさに甘えていてはいけない、伝えるべきことを伝える人には言葉と態度でそれを伝える。そんな当たり前のことが、人生では大きな意味を持っているのかもしれません。

DVDの購入はこちら

今度は愛妻家【通常版】[DVD]

コメント