人生で成功するには絶対に必要なもの。『成功する人は、「何か」持っている』を読む

成功する人は、「何か」持っている (詩想社新書)

「人生で成功したい!夢をかなえたい!」

「そのためにはどうすればいい?何が必要?」

その疑問に答えてくれるのが、東北楽天ゴールデンイーグルスの野村克也監督の本、『成功する人は、「何か」持っている』(詩想社新書)です。

本書について

この本は、極貧の貧乏暮らしから野球選手として努力に努力を重ねて成功をつかんだ野村監督の経験から、どうすれば成功できるのか。

そもそも、成功できる人の特徴は何なのか。努力の大切さを始め、人の和、実力と運。

成功に必要なものが何なのか、分かりやすく、かつ具体的に語られています。

この意味で人生で成功したい。そう強く願う人にとって本書の教えは貴重。成功のための気づきが満載の内容になっています。

以下、本書の読書メモです。

はじめに(P27)

結論から言って、人生で夢をかなえ、成功をおさめる人は運がある。実力や努力はもちろん必要。

しかし運がなければ実力が評価されない。努力は報われない。そして、成功できない。

周囲から頭一つ抜けるには(P36)

成功するために大切なのは周囲よりも目立つこと。集団のなかにいるならば、そこから頭一つ、抜け出る必要がある。

そのためには、自分を周りと比較してどう頑張ればいいのか。自分の頭で考え、他の人がしていない努力をする。

方法論は人と違っていい。大切なのは、自分の頭で考え、他の人がしない努力を重ねること。

成功する人は縁がある(P43)

成功している人は成功するための縁を持っている。

困ったときも助けてくれる人が現れたり、努力しているとき、成功へ近づくヒントをくれたり、成功の過程で必ず人に助けられている。

そして実際、成功する人はみな、縁を持っている。努力することは当然だが、それ以上に人の縁がなければ、成功することはできない。

努力について(P79)

努力には即効性がない。そのため努力しているのに結果が感じられず、早々に諦めてしまう人が多すぎる。

しかし逆に言えば、努力を誰よりも続けることができれば、周りから頭一つ抜けることができる。

何より、続けていく努力は決してムダにはならない。

大切なのは効果が出るまで努力を続けること。それが自分がコントロールできることであり、成功の前提条件。

人に助けてもらう人になる(P98)

伸びる人、成功できる人は周囲から応援される人。「あいつを助けてやろう」「応援してやろう」と思われる人徳がある人。

この意味で、周囲から嫌われるか応援してくれるか。そこが運命の分かれ道になる。

運の大切なこと(P109)

成功において最大の重要ポイントは運。

運がなければ成功はできないが、普段努力していない人のもとに、成功するための運はやって来ない。

普段できることをする。努力を続ける。そんな人のもとに運はやって来る。

だからこそ日々の努力をおろそかにせず、自分ができる限りの最善を尽くすこと。それが成功するために絶対必用なこと。

勝ち負けを分析する(P114)

勝負事で大切なのは、なぜ負けたのか。そして、なぜ勝ったのか。その理由を明確に分析して、それを次に役立てること。

結果から学ばなければ、勝ち続けることはできない。

消えていく人の特徴(P154)

プロの世界で消えていく人は、現状維持に甘んじる人。

状況は常に変わっていく。変わることには不安もあるしリスクがあるが、それよりも変わらないことのリスクの方が大きい。

自分のダメなところを見つけたら、それはどんどん変えていく。決して、「このままでいい」と油断しないこと。

常に自分を変えていくこと。

努力のコツ(P181)

努力をしていく上で大切なのは、「自分はこんなものだ」という自己規定をしないこと。

そして、努力に即効性はないことを認識し、淡々と努力を継続していくこと。

一生懸命に誠実に生きる(P186)

成功する人は、人生でピンチがやってきても、誰から助けてもらえる。そのご縁を引き寄せるのも結局は、普段の生き方や取り組み方にある。

この意味で成功にごまかしはきかない。一生懸命努力を重ね、周囲の人に不義理をしない。誠実に生きていくことが結局は最強。

感想など

人生で成功するために、夢をかなえるために、実際のところ何がどう必要なのか。

その疑問に対して直球ストレート。非常に納得できる答えを教えてくれる本でした。

本書では野村監督がプロになるまでいかにたくさんの人に助けられてきたか。小さな偶然に救われてきたか。

そのことが切々と語られています。だからこそ、成功には運が必要なこと。人との縁が必要なこと。その話が強く、印象に残ります。

特に印象だったのは努力。

結局成功の前提は自分自身ができる努力を続けること。結果がなかなか出なかったとしてもあきらめないこと。粘り強く挑戦を続けること。

もし本当にできることがあるとすれば、結局ここではないか。そんな気にさせられます。

あきらめず努力を続けていく。だから人の縁ができる。だから運が巡ってくる。最後にチャンスを掴むタイミングがやって来る。

これ以上は蛇足になりそうなのでここで終了しますが、控えめに言っても、心が引き締まり、一歩一歩努力していこう。

そんな気持ちにさせられます。

人生で成功したい。夢をかなえたい。そんな方におすすめしたい本です。

本の購入はこちら

コメント