『あなたの財布に奇跡が起こるお金の習慣』の読書感想 – お金に好かれるコツはお金への意識を変えること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの財布に奇跡が起こるお金の習慣

将来、「お金で困りたくない」と思ったら今すぐできること。

加谷珪一著『あなたの財布に奇跡が起こるお金の習慣』(かんき出版)の読書感想です。

この本について

お金に縁を持つための「お金持ちマインド」を育む考え方が学べる本。

消費、貯金、人間関係、お金を持つ人はどんな価値観を持っていて、普段からどんな行動をしているのかを解説。

「お金で困らない暮らしがしたい!」と思ったら、読んでおいて損がない内容が満載です。

以下、本書の読書メモです。

お金がたまらない・稼げない人(P4)

お金がたまらず、苦労している人は、お金を遠ざけてしまうような、ネガティブな思い込みを持っていることが多い。

心のなかに、お金のリミッターがあって、それを一つ一つ解除していくことが、お金で困らないようになるために大切な作業になる。

否定や批判にはチャンスが隠れている(P19)

大勢の人から叩かれるもの、ネットで批判がわくものなど、それらを冷静に考えると、実は批判の裏にチャンスが隠れていることが分かる。

「みんながどうこう言うから」ではなく、自分の頭で物事の可能性を判断すること。それが、富へのチャンスを引き寄せる。

貯金では金持ちになれない(P36)

金持ちになるにはお金を貯めるだけではだめ。

貯金すれば小金は貯まるがお金持ちにはなれない。貯めたお金を運用(投資やビジネスを始める)することで、お金持ちへの道が開かれる。

人脈を整理する(P77)

人間関係は量ではなく質。100人の知り合いを作るより、自分にとって本当に意味がある数人の人脈をしっかり作る方が重要。

人と会う場所に気を遣う(P108)

良い人と良い付き合いをするためには、良い場所が必要。同じ人と会うにしても、会う場所が違えば、印象や心象は全然違う。

人と会うときは、会う場所に気を遣うこと。

物を買いたくなったとき(P166)

欲しいものではなく必要なものにお金を遣う。必要であればお金を遣う、そうでないなら遣わない。お金を遣うシンプルな基準を持つ。

将来を気にし過ぎない(P209)

将来どうなるか、いくらどう予想しようが、結局誰にも本当のところは分からない。遠い将来をあれこれ考えるより大切なのは、今の時間を極力大事にすること。

今の時間を大切にすることで、結果的に質の高い人生を送ることができ、老後も幸せに過ごすことができる。

感想など

お金の遣い方とか人間関係とか、財を成す人は人とは違う考え方、行動をすることで結果を出したことが分かる本。

まぁ、人と同じように考えて行動していたら、頭一つ突き抜けるのは無理。人は違う結果を出す人は、人とは違うやり方をしているからそうなっていくのだと思います。

ただ、蓄財に関してはある程度原則というか定石のようなものがあるよう。

この本では、お金を遣うこと、貯めること、人間関係、いろんな視点でお金持ちの考え方をなぞることができます。

お金に縁ある未来を選ぶ、その第一歩はお金に対する考え方を変えること。

この本を読んでも、今すぐ奇跡は起こらないかもしれませんが、お金に対する意識は、きっと変わると思います。

本はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする