「結局お金って何?」と思ったら。『お金の話をやさしく伝える本』の読書感想

お金の話をやさしく伝える本

お金の話を分かりやすく理解する本。

本田健著『お金の話をやさしく伝える本』(PHP)の読書感想です。

この本について

お金とは何なのか?どんな働きがあるのか?どんな付き合い方をすればいいのか?

そんなお金の話を分かりやすく解説している本。

人生お金が全てではないけれど、お金は現実。なければ生きていくことは難しいもの。お金ともっと仲良く付き合っていくために、知っておいて損がない話が満載です。

以下、本書の読書メモです。

お金の機能(P14)

お金が持っている3つの機能について。

1・交換機能

→何かと交換する機能。

2・蓄積機能

→価値が腐らず、貯蓄できるという機能。

3・増殖機能

→お金それ自体が増えていこうとする機能。

お金が儲かるということ(P18)

収入=与えたサービスの質と量。

つまり、たくさんお金を稼ぎたいと思うなら、多くの人に質の高いサービスを提供する必要あり。

この意味で、お金持ちとは、たくさんの人を満足させ、喜ばせている人と言うことができる。

人を喜ばせる方法(P19)

人を喜ばせ、満足させることができれば、その分しっかりお金を稼ぐことができる。

ではどうやって人を喜ばせればいいか?おすすめなのが次の8つの方法。

1・何かを作る

2・人が欲しがるものを売る

3・人が知りたがっていることを教える

4・人の問題を解決してあげる

5・人の移動や動きの手助けをする

6・人の世話をする

7・人を楽しませる

8・人を癒やす

人にはそれぞれ才能があり、これらのうちどれかの方法で、人を喜ばすことができる。

自分ならどの方法で人を喜ばすことができるのか、そこをしっかり考えることが大切。

お金を引き寄せる3つの方法(P24)

お金で困らない仕事をするための3つのポイント。

1・専門性があるかどうか。

→専門性、資格が必要な仕事はお金をたくさん稼ぎやすい。

2・希少性があるかどうか。

→限られた人しかできない仕事は価値が上がる。

3・他にはない独自性があるか。

→他にないもの=価値が高いもの。

仕事選び=人生の質(P29)

「職業に貴賎なし」はあくまで建前。

現実的には、どんな職業につくかで、どんな人生を送るかが決まるほど、職業選択は重要な問題。

だからこそ、自分がどんな仕事をすれば幸せになれるのかを、最優先で考えることが大切。

人がお金を欲しがる5つの理由(P38)

みんなお金は欲しい。ではなぜお金が欲しいのか。代表的な5つの理由がこちら。

1・生活していくため。

2・安心感を得るため。

3・尊敬や友情、愛を得るため。

4・自由を得るため。

5・愛や感謝を表現するため。

お金の稼ぎ方(P69)

お金の稼ぎ方には次の4つのタイプがある。

1・嫌いなことをして儲からず貧乏になる。

2・嫌いなことをして儲けてお金持ちになる。

3・好きなことをしているけど儲からずに貧乏になる。

4・好きなことをしていて、かつお金が儲かって幸せになる。

一番最高なのは4。仕事は楽しい。次に何をしようか、いつもワクワクしている。それでお金もガンガン儲かる。

だから仕事は好きなこと、幸せになれる仕事を選んだ方が良い。

お金と器について(P109)

お金には受け取る器がある。

今自分が稼いでいる収入はある意味それが自分の器で、それ以上お金を手に入れたければ、自分自身の器を広げていく必要がある。

逆に、自分の器以上のお金を無理して手に入れようとすると、それがトラブルのもと。何にせよ、器以上のお金は、すぐにどこかへ消えてしまう。

感想など

お金の存在、働きについてスッキリ分かった本。

ときに、「それは少しキレイ過ぎませんか?」という内容もなきにしろあらずですが、基本的には納得。

収入=たくさんの人に何かを提供したことのリターンである、とか、仕事は自分が幸せになれる仕事をする、というのもそうだな、と。

お金は人生、一生ついて回ります。

個人的には20代の頃、何もかも上手くいかず、ときに半ニートのような状態になりながら、お金にはとても苦しい思いをした経験があります。

なので、お金という現実なくして、理想は語れないことを実感しています。

ただ、イヤな仕事、苦しい仕事をしてお金を稼いで生活していても、それはそれで苦しいもの。

ストレスでムダな出費が増えるし、身体を壊すし、ろくなことがありません。

だから大切なのは、自分が幸せな仕事をして、かつお金を稼いで生きていけること。

仕事は誰かのためにすることであることは確かですが、仕事をする側が不幸になるのも、ヘンな話だと思います。

ということで、どうやってお金を稼いで、かつ幸せに生きていくか。

お金のことを考えた先、そのことを考えるきっかけになる、そんな本です。お金と仲良く付き合っていきたい方は、一読の価値がある内容だと思います。

本の購入はこちら