この本で味のあるジャズギターを覚えたい。『完奏方式で完全制覇 使える ジャズ・ギター』の感想など

基本的に、私はエレキよりもアコギの音の方が好みです。

しかし、今年はセミアコにお金を使ったので、もっと練習して味のある演奏をしたいと思い、ジャズやエレキブルースの教本を探していたところ見つけたのがこちら。

『完奏方式で完全制覇 使える ジャズ・ギター』(リットーミュージック)です。

この本について

こちらの本は主にジャズギターの練習本で、ジャズの基本理論から、演奏の方法などがまとめられている本。

コード進行を始め、イントロやエンディングのプレイ法など、様々なテクニックを練習することができます。

収録内容

・基本的なジャズの進行(Ⅱ-Ⅴ、Ⅰ-Ⅵ-Ⅱ-Ⅴの進行など)

・ジャズ理論(コードトーン、スケール、セカンダリードミナントなど)

・上級者向けのサウンドアイディア(即興演奏のためのテクニックなど)

この本が届いて以来、すぐにページを開き、実際に練習してみたのですが、個人的には何度も練習が必要なほど、少し難しい目の内容のように思いました。

ただ、ソロギターからジャズのコードまで、いろんなギターの弾き方が練習できます。

この教本で練習しておけば、即興演奏も可能になると思います。

一応、CD二枚が付属しているので、今はCDで演奏を聴き、それをマネていくイメージで、練習を始めました。

感想など

内容的に、非常にメロディック。かつ柔軟で即興的なフレーズを基本にして、練習。

そこから自分流を身につけていく内容になっています。

技術的には指がよく動くので、何度も練習が必要。ただ、その仕組みというか理屈が何とか分かってくるので、基本って大切だな、と。

CDを聴く→真似る→覚える

という感じで練習していけば、それだけ価値があります。

即興的なフレーズをさっとプレイできる。その技術習得を目指す方は、参考になる本です。

本の購入はこちら

コメント