『逃げるは恥だが役に立つ』を見て家事代行サービスが気になったので家事代行サービスについて調べてみた

公式

最近、火曜のドラマ、ガッキーが出演する『逃げるは恥だが役に立つ』が流行しているそうで、札幌での視聴率が20%を超えたというニュースがありました。

内容はというと、ガッキーが、非モテ独身サラリーマンの津崎平匡(『真田丸』の徳川秀忠役でおなじみの星野源さん)の家事代行として働き始め、契約結婚する話。

「契約結婚」というテーマも面白いけど、独身男の津崎平匡のところにガッキーが家事代行サービスの家政婦としてやってくるという切り口が面白いです。

それで、「こんなサービスがあるのか」と思って家事代行サービスをネットで調べたら、家事代行サービスって、いろいろあるんですね。

一人暮らしの部屋も家事代行でスッキリ

例えば『逃げるは恥だが役に立つ』で家事代行サービスを監修しているベアーズ(公式サイトへ飛びます)。

家事代行とは、家政婦の方が家に来てくれて、家をキレイに掃除してくれるサービスのよう。

部屋のキレイ度は住む人の精神状態を表すと言いますが、掃除って、けっこうたいへん。

仕事で忙しいときとか、なかなか掃除をする時間がとれないので、放置しておくとひどいことになってしまいます。

でも、仕事で忙しかったり、家にいる時間がないと、なかなか掃除をする時間がとれないんですよね。掃除をしたいけどなかなか時間がない。

そこで、この家事代行サービスを使うことで、外出している間にキレイに部屋を掃除して片付けてくれたりして、部屋をいつも快適&スッキリな状態にしてくれます。

家事代行でキレイに掃除してもらえば、自分で掃除しなくいいのでとても楽。仕事が忙しい一人暮らしの人でも、掃除の問題が解決してスッキリできます。

料金はどうか

気になるのは料金のことですが、肝心の料金はというと、

・水回り掃除だけのサービス

→月に2回利用なら、隔週1回以上(1回2時間)で{4,700円+消費税+交通費900円}×2=月額11,952円

・一番人気のデラックスサービス

→部屋掃除全般から洗濯、ゴミ出し、窓拭き、本当に家事全般を代行してもらえて月2回(1回3時間)で{3,300円×3+消費税+交通費900円}×2=23,184円。

という感じ。

回数を増やすと結構な費用になってしまいます(月5万くらい)が、月2回程度、最低限の回数で家事代行なら、コスパ的に悪くはなさそう。

月2回でも、しっかり部屋を掃除してもらえるのとそうでないのでは、全然部屋の衛生状態が変わってくると思います。

部屋がスッキリしていたら、帰宅したときの気持ちもいいもの。

まぁ、部屋掃除は自分で掃除するのが筋なのかもしれませんが、一人暮らしで仕事が忙しいと、仕方がないところがあります。

自分で掃除をする時間がない、もしくは面倒。そういうときは、お金を払って、プロにキレイに掃除してもらうのも、一つの方法かもしれませんね。

家事代行サービスは全国ほぼ対応

ちなみに、ベアーズのサービス対象地域ですが、北陸や九州南部などの地域を除き、基本的にほぼ全国OKなよう。

地域1

北海道も対象地域のようで安心。家事代行にハウスクリーニング、高齢者の支援もやってもらえるみたいです。

地域2

まとめ

それにしても、家事代行サービスを調べてみると、本当に便利な世の中になりましたね。

仕事に外に出ている間に、プロの家政婦が部屋を掃除してくれて、部屋をきちんと快適な状態にしてくれる。

掃除って、ちゃんとやろうとすると時間がかかって面倒ですし、かといって、部屋掃除をしてないと、どんどん住環境が悪くなって、部屋の汚さと比例するように、精神状態も悪くなっていきます。

それで掃除をしようと休日の時間を使うのもなんだかもったいない気もするし、掃除はなかなか難しいです(休みの日は、したいことをしたいです)。

なので、自分の貴重な時間を割いて掃除をするより、家事代行サービスを使って、プロにキレイに部屋掃除をしてもらうのも一つの方法かもしれません。

家事代行サービスで部屋を掃除してもらったら、家に帰ってきたときに掃除された快適な部屋が出迎えてくれるので、気分的にも安心だし、自分で掃除する必要もないので、時間の節約になります。

休日は掃除に時間を使わずに、好きなことができます。そう考えると、快適に毎日を過ごすためのサービスとして、検討する価値はあるかも。

「独身で仕事が忙してくてなかなか掃除ができない!」

「家が散らかっているのはストレス。でも掃除が苦手だし、掃除で時間を使いたくない」

という場合、家事代行サービスを利用すると、部屋がキレイにスッキリで、毎日気分もサッパリで過ごせるかも。

家事代行サービスの詳しい情報はこちら

ベアーズの家事代行サービス