『長生き地獄』の読書感想 – 長生きは本当に幸せなのか

長生き地獄 (SB新書)

よくよく考えれば、人生長く生きればいいってもんじゃない。

松原惇子著『長生き地獄』(SB新書)の読書感想です。

この本について

「長生きすることは幸せなこと」という価値観に一石を投じる本。

この本では、高齢会社会を迎えるなか、長生きすることでどのような問題がのしかかってくるのか、具体的な現実を次々と明らかにしていきます。

本書で問題提起されているなかで特に印象的だったのは延命治療。

問題は根治しないけれど、ただただ生かすためにだけに延命治療を行う。それが果たして本当に良いことなのか。真剣に考える価値がある問題だと思います。

個人的には、本書で紹介されているオランダの終末医療の考え方(P80)にはとても納得。

もともと人生50年。ただ長く生きればいいというものではないというのは、本当にそうだな、と。

それと老人ホームの話(P112)も怖いですね。

人生最後の住処として老人ホームに入り、

ニュースでも老人の虐待の話とかもよくありますし、サービスを受ける側も、サービスを提供する側も、いろいろ難しい問題があるみたいですね。

人は絶対年を取っていく

人は生きていく限り老いからは逃げることができません。それならほどほどの年齢で、寿命を迎える方が自然ではないか。

体が不自由になってしまって自分では何一つできなくなる。そう考えると、単純に長生き=幸せと考えていいものなのか、悩んでしまいます。

それなら、体の自由がきき、意識も思考もしっかりしているうちにぽっくり逝ける。そんなあの世へ行く方が、人生の質的には、満足できるのではないか。

そんな感じで、年を取ることについて、老後の人生について、「こんな現実がある」ということが分かった本でした。

30代40代、まだまだ「若い」というときにこそ、読んでおいて損がない本だと思います。

本はこちら