ピアノ主体のリリカル&激情的な曲『いつからか曇り』の解説

曇った街

楽曲をお聞きいただき、ありがとうございます。

このページではAudiostockやYouTubeで公開しているオリジナル曲『いつからか曇り』について、かんたんにご説明させていただきます。

プロフィールはこちら

スポンサーリンク

『いつからか曇り』について

同じメロディ&コード進行を意図的に繰り返し、シンプルかつエネジェネティックな表現を目指した曲です。

主軸となるピアノのメロディのリリカルさを引き出すためにあえて演奏のアタック感を強化。主題を繰り返しつつ、他楽器とサウンドを統合した「ピアノロック」的な楽曲になっています。

楽曲データ

作曲年:2000年

制作環境:Logic Pro9

使用楽器:ピアノ、ストリングス、エレピなど

テーマ&制作のきっかけ

それは私が10代、学生だった頃の昼下がりでした。学校が終わり家路に着こうとしたとき。晴れ晴れとした空が突如、雲がかかり、空は真っ暗に。しばらく曇り空が続きそして雨。

このときの印象を音楽にしたのが『いつからか曇り』です。

天気の変化に感情を重ねて、静かな出だしから感情が大きく動き、そして爆発する。そんな感情の大きなうねりを表現しています。

関連情報

A’s Music Channel

Audiostock販売ページ

二次使用に関して

コメント