心が折れない子どもを作るために母親ができること。『「心が強い子」は母親で決まる!』の読書感想

「心が強い子」は母親で決まる! (知的生きかた文庫)

子どもに折れない心を身につけさせる秘訣とは。

和田秀樹著『「心が強い子」は母親で決まる!』(三笠書房)の読書感想です。

この本について

塾・教育関連で有名な精神科医和田秀樹先生の子育て本。

「子どもの心、レジリエンス」に焦点を当てた内容の本で、子どもを強い心の子に育てるにはどうすればいいか、親の役割の重要性が説かれた内容になっています。

以下、本書の読書メモです。

心の強さのベースは親の愛情(P1)

子どもの人生は心の強さで決まる。

子どもの心を支えるのは母親の役割。母親から「自分は応援されている、信頼されている」という信頼感が、子どもの心の強さになる。

子どもは素直。親の「あなたはできる、大丈夫」という愛情があれば、子どもは自分を信じることができる。

フロイトによると(P19)

心理学者フロイトによると、母親の愛情を強く受けた子ほど、「自分は成功できる」という確信を持ち続けられる。それほど、母親が子どもの人格やものの考え方に及ぼす影響は大きい。

本音と建前を教える(P30)

子どもには家の外で話すこと(建前)と、家のなかで話すこと(本音)があることをしっかり教える。

子どもには適度にストレスを(P39)

適度なストレスは体に良い。全く子どもにストレスを与えないと、子どもがストレスに耐えられない、ダメダメな子どもになってしまう。

子どもが刺激に耐えられる人間になるよう、適度にストレスを与えることが重要。「子どもが傷つく前に親が何でもしてあげる」というような過保護は子どもの成長に有害。

子どもに伝えたいこと(P77)

子どもには、「仲間はずれになってもいい、みんなから好かれる必要はない」ということを教えておく。

親が子どもの人間関係に余裕を持ち、悪口を言われようがハバにされようが、それは自然なことでどこでもあることだと、泰然とする姿勢を子どもに示すこと。

本当の愛情とは(P89)

世の中は競争社会。望まなくても、社会に出れば、競争に巻き込まれてしまう。

そんな中、親が子どもにできることは、子どもに、競争社会を生き抜くための強い心を育む手助けをすること。

どんなときでも一人で生きていける、強さを与えること。

得意なところを伸ばす(P99)

子どもを万能に育てる必要はない。ダメなところ、不得手なところには目をつぶり、得意なことを伸ばせてあげること。

学校の役割(P124)

学校は社会の縮図。勉強するだけの場所ではなく、いろんな人間がいて、仲の良い人間や悪い人間、折り合いをつけて上手くやっていくことを学ぶ場所。

学力だけなら塾でいい。学校は人間力を育てる場所。親が学校教育をナメていると、勉強はできるが社会で適応できない人間に子どもが育つ可能性も。

意志の強い子どもに育てるために(P143)

子どもを強い意志を持った子に育てるための7つの習慣。

1・挨拶させる。

2・暴力禁止。

3・嘘は許さない。

4・隠し事をさせない。

5・約束を守らせる。

6・悪いことをしたら謝らせる。

7・規則、自分で決めたことを守らせる。

特に重要なのは「子どもに自分で決めたことを守らせる」こと。自分で決めたことはきちんと徹底させる。ここが、子どもの自主性を育てるポイント。

感想など

世の中は競争社会。そこで生きていくためには強い心が必要。そのために親が子どもにできることは何なのか、様々なヒントが書かれている本。

社会で生きていくために「○○さえあればいい」ということはなくて、どんなにベストを尽くしても、予想外の出来事によって、人生がガラリと変わってしまうことがあります。

不確定な要素が満ちている世の中、生きていくためには、メンタルタフネスは必要不可欠。それを育てるためには、家庭教育から。

親自身が安定し、確固たる方針を持って、子どもと向き合う必要があるのかも。

本はこちら