オンリー1の生き方を模索するあなたにおすすめ。『間違う力』を読む

間違う力 (角川新書)
やっぱり人生は、寄り道してこそ面白い。

高野秀行著『間違う力』(角川新書)の読書感想です。

この本について

破天荒な生き方を実践している著者によるオンリー1の生き方のススメ本。

具体的にどうやったらオンリー1を目指せるのか。なぜ人生では1位を目指すのではなく2位を目指すのか。

独自の考え方に、ハッとさせられること請け合いの内容になっています。

以下、本書の読書メモです。

マイナーを狙う(P63)

オンリー1を目指す人生では徹底的にニッチを狙う。メジャーよりマイナーを狙う。

誰も興味を持っていない分野にこそ、自分がオンリー1になれるチャンスがある。

自分が好きなことにこだわらない(P78)

人と違うことをするには、自分の好きにこだわっていてはダメ。型にはまらない柔軟な発想をすることが大切。

そのためには、本を読んだりいろいろな人の話を聞いたり、考え方の幅を広げていくことが大切。

努力より大切なもの(P150)

すべきは努力よりも工夫。辛いこと、苦しいことを続けていても仕方ない。

楽をするためでもいい。工夫をして、今よりもっと、よりよい何かを目指すこと。

機動力を重視する(P187)

弱者の強みは機動力にあり。いつでもどこでも身軽に動くことができる、フットワークの軽さが強み。

その強みを生かし、人がしないことをする。誰よりも早く動く。ここに成功のカギがある。

継続こそ命(P202)

長く続けていれば何かが変わる。

自分がしたいことと、状況がマッチする確率も上がり、いろんなことが上手くいきやすくなる。

継続に勝るものなし。チャンスはいつか、やってくる。

感想など

読後、

「世の中にはこんな生き方をしている人がいるんだ。もっと自由に生きていいんだ」

と気持ちが広々とする本。

人と同じような道を行くこともできるけれども、せっかく一度きりの人生、人と違う生き方がしたい。

そう思ったら大切なのが「どうやって?」という方法論。

この本では著者の個性的な生き方を通じて、そのヒントを学ぶことができます。

つまり、人生に決まった型はないということ。オンリー1の生き方を目指すには人がしないことを地道に続けていくこと。

効率重視で前に進んでいくことがベストではない。

そのことが分かります。

人生は脇道にそれてこそ面白くなる。そのことが実感できる本です。

本の購入はこちら

コメント