自分を安売りしてはいけない絶対的理由。『自分を高く売る技術』の読書感想

自分を高く売る技術 〜なぜ「値上げ」をしてもお客さまが離れないのか?

安売りは悪。どうせなら一番高い価格で勝負する。

島田弘著『自分を高く売る技術』(ぱる出版)の読書感想です。

この本について

自営業やフリーランスなど、自分の腕で食べていく人向けに、いかに値上げをすることが大切かを説いたという本。

「売れない」「儲からない」から抜ける秘訣は値上げにあり。目からウロコのヒントが満載の一冊となっています。

以下、本書の読書メモです。

はじめに(P22)

サービスの値段は自分で決める。お客が満足してくれるなら、サービスの値段は自分が思っているより高くつけても、全然問題ない。

なぜ安値がダメなのか(P24)

安売りサービスは長い目で見て長続きしない。然るべきサービスの対価として然るべき料金をいただく。これが自然なこと。

そのため、「良いものを安く」では、サービスを提供し続けることができない。それによって本当の困るのはお客。だから必要な価格を設定し、必要な利益はバッチリだしていい。

値上げをしても客離れしない理由(P28)

お客は自分が満足したものにはきちんとお金を払う。

そのため、

1・お客にとって一流のサービスを提供する

2・お客が期待すること以上のことをする

3・お客から先生扱いされて信頼されている

4・順番待ちの行列ができている

などの条件が揃えば、値上げをしても問題ない。

料金が高くても、その価値を理解してくれるお客は、お客としてサービスを買ってくれる。

年収について(P42)

年収は付き合う人によって決まる。私たちは想像以上に、自分の身近にいる人達から影響を受ける。

だから稼げない人と一緒にいるとどんどん稼げなくなっていくし、稼げる人と一緒にいると、どんどん稼げるようになっていく。

行動を変える前に大切なこと(P53)

行動を変えれば結果が変わる。だから行動を変えることは大切。しかし行動を変える前にすべきなのは、自分の信念と思考を変えること。

信念と思考は行動になる。だから良い信念と思考を持っていれば、行動も適切にできる。しかし、信念と思考を変えないまま行動しようとしても、なかなか上手くいかない。

だから行動する前にまず、信念と思考を変える必要がある。

どれくらい値上げをするか(P87)

値上げをするコツは、自分のマーケットで一番高い値段をつけること。二番では意味がない。一番に高い値段にすることに意味がある。

不安なく値上げをする方法(P92)

値段を上げれば客離れが起きないか心配になるのが人の常。

そこで、不安なく値上げをするには、

1・お客の行列待ちを作る。

2・既存のお客は値上げず、新規のお客の値上げをする。

3・最後に既存のお客の値上げをする。

この3ステップが安心。

値上げをすることで離れていく客も出てくるが、この方法なら自然に値上げをしつつ、ビジネスを継続していくことができる。

商品説明のコツ(P146)

商品を説明するときのコツは、まず最初に商品の悪いところから説明すること。

人は良いことだけを話す人を信用しない。最初に「これはここがダメなんですよ」というデメリットを話すことで、信用されやすくなる。

感想など

「安値はダメ、高値で勝負しなさい」という主張にとても納得できる本。

まぁ確かに実際、安値で勝負しても価格以上のことを求めてくる人が多くて、その期待に答えようと頑張ってどんどん貧乏になっていく、こんな話はよくあります。

そうではなくて、自分の仕事にプライドを持ち、必要な価格を設定し、それできちんと利益を得て、仕事を継続していく。お客を大事にし、仕事の質を上げていく。

それが大切なのだと思います。

この意味で、フリーや自営が目指すべきは安値ではなく高値の人。しっかり仕事して、そのしかるべき対価を、きちんと受け取ることが大切だと思います。

「値上げしたら食っていけない・・・」と不安な独立業の方は本書の一読をオススメします。きっと目からウロコ、様々な気づきが得られると思います。

本の購入はこちら