『河合隼雄セレクション より道わき道散歩道』の読書感想 – あちこち寄り道、だから人生が楽しくなる!

河合隼雄セレクション より道わき道散歩道 (創元こころ文庫)

人生はまっすぐ進むのもいいが、ときに横道に入るとときに思わぬ宝物を見つけることもある。

河合隼雄著『より道わき道散歩道』(創元こころ文庫)の読書感想です。

この本について

ユング心理学、日本の臨床心理分野の大家、河合隼雄先生のエッセイ集。

新聞に連載されていたエッセイを一冊の本にしたもので、子ども、人間関係、人生、本、音楽、文化・社会、道草の拾いもの、7つのテーマで、様々な示唆に富んだエッセイを楽しむことができます。

以下、本書の読書メモです。

人の成長のためには動かない時期が必要(P15)

三年寝太郎、三年寝姫の話。

人間には寝てばかり、動かないでだらだらしてしまう時期があるが、その時期は無意味ではない

動かない時期、だらけるがあるからこそ、じっくり深いところで、成長が促されている。だから、何年も寝た後、大活躍、大躍進できる。

甘やかしと甘えの違い(P32)

食べ物や服、ゲーム、好き勝手物を与え、子どもの欲を安易に満たすのが甘やかし。甘やかしは、子どものためでなく、親が子どもの世界に干渉しているだけ。

子どもが必要な心理的なサポートを与え、必要なとき、子どもが安心して親により掛かえさせるのが甘え。

甘やかしと甘えは、全く違う。

お金で解決することの弊害(P47)

小さい幼児が親になんでも買ってとねだるとき、親はハッキリと子どもに「ダメ」と言うべきだが、子どもと対立することを恐れるがゆえに、「この子のため」と言い訳して安易に物を与えてしまう。

お金を感情の緩衝にして生身と生身の人間のぶつかりあいを避け、問題を解決しようとする傾向があるのが、日本人の子育ての悪いところ。

お金で問題を解決することで、本当に大切な問題から逃げている

視覚と思考に基づく決断は失敗が多い(P53)

パートナーを選ぶとき、目で見たもの、頭で考えたことを頼りに決断を下すと、思わぬ失敗をしてしまう。

大切なことは、案外自分の動物的感覚が頼りになる。嗅覚や聴覚、触覚、そのような感覚の方が、案外真実を見抜いているかも。

必然と偶然の関係(P86)

多くの偉大な必然は、そのなかに不思議な偶然を包み込んでいる。途方もない失敗のなかに途方もない成功が内包されているよう、物事の背後には不思議なものがある。

個人主義の時代(P105)

世界はグローバル化が進み、個人が自己を主張する時代が来ている。

日本でも会社第一の集団主義から、自分のことを第一に考える個人主義的な人が増えているが、それも時代と環境の変化によるもの。

会社は頼りにならず、グローバル化によって競争は進む。個人主義の流れが加速し、自らの意見、態度を表示する必要がある世の中になっている。

待ちつつ希望する(P139)

モンテ・クリストの教訓。絶望のとき、チャンスが来るのを待つ。そして、状況が良くなることを希望する。待ちつつ希望するのがポイント

感想など

肩のこらない、示唆に富んだエッセイが楽しめる本。

河合先生の本ははっきりと「これはこうだよ」とは断言せず、読者に察っしさせたり想像させたりする文章が多いですが、このエッセイも示唆に富んだ文章が満載。

断言しない、ソフトで想像力を刺激する文章が、読者の内面を刺激、知らず知らず心に染み入ってきます。

折に触れちょこちょこ読み返すと、自分の心の変化、成長が実感できる。何度も読み返したくなるような、そんな本です。

本はこちら