男なら言葉より行動。『欲望が男を変える』の読書感想

欲望が男を変える

男なら人生、大きな欲を抱け!

井上裕之著『欲望が男を変える』(PHP研究所)の読書感想です。

この本について

「欲を持つことで人は頑張ることができ成長できる。欲望を燃料に人生したいことを実現していこう、行動していこう!」

という、今時珍しいギラギラした自己啓発。

やる気が減って頑張れないとき、今の生活に満足しきって停滞しているとき、「それじゃダメだろ!」と喝とやる気を注いでくれる、栄養ドリンク的内容になっています。

以下、本書の読書メモです。

30代40代のとき(P7)

人生の停滞期は30代、40代にやってくる。

この時期は、成長が止まってしまう人、浮遊してフラフラしてしまう人、一気に伸びて成長する人、運命が別れる年代。

この時期、「オレの人生はこんなもんだ」と諦めずに、どん欲になってがむしゃらに頑張ることができれば、人生を変えることができる。

人生のセオリー(P27)

日本では、欲を持つこと=何か悪いことのように思われるが、欲はどんどん持っていい。

どん欲なくらい欲しいものを追求していく。それによって、欲しいものが現実に手に入る。欲を正しくつかえば、それが自分を磨き、人生を変える力になる。

欲を明確にする(P36)

欲望を持って欲しいものを手に入れる。そのために大切なことは、まず自分は何が欲しいのか、欲しいものを明確に、具体的にすること。

欲望を明確に意識すれば、それを手に入れるための手段、方法も見えてくる。欲パワーを開花させるためにはまず、欲しいものを具体的に、明らかにすること。

環境について(P98)

いい環境がいい変化を引き起こす

いい環境にはいい人、成長の刺激、エネルギーが満ちている。いい環境に近づき、悪い環境から離れることで、望む方向へ近づき、自分自身、いい変化を起こすことができる。

付き合う人を吟味する(P103)

付き合う人も環境の一つ。

いい人と付き合えば、いい刺激を受けられる。逆に時間の無駄となる人と付き合っても仕方ないし、最悪悪影響を受ける。

人生をより良いものにしたいのならば、付き合う人は吟味して選ぶこと。

「今のままでいいのか・・・」と思ったら(P121)

現状になんとなく不満を感じたり、将来に不安を感じたときは、新しいことを学ぶチャンス。

日頃から興味を持っていることを始め、今までとは違うことを始めてみる。それが、突破口になることも多い。

お金を自分で管理する(P132)

自分で稼いだお金を自由に使える、それが男に覇気を与える。

金の自由がない男からは覇気が失われてしまう。だからこそ男は、自分でお金の管理をしっかりする。

結婚していようが、お金の決定権は自分で持ち、嫁から小遣いをもらわず、自分でお金を管理する。

感想など

タイトルのストレートさに興味を持ち、読んでみた本。

したいことをしたい、欲しいものを手に入れたい。欲望を頑張る燃料にしてギラギラと行動することはあまりスマートに見えないかもしれませんが、欲によって行動が変わるのも確か。

「○○が欲しい!」

この気持ちが強ければ、確実に行動が変わります。

逆に、自分の人生こんなもんだ、もう欲しいものなんてない。そうなってしまうと、頑張ろうという気にならないし(今で満足しているから)、新しい何かが起こることもありません。

そう考えると、あれが欲しい、だから手に入れるために頑張ろう。欲を持つことって、とても大切なことなのかもしれません。

本書では30代40代が人生の分かれ目だそうですが、この時期、

1・「オレの人生はこれまでだ・・・」と思って欲望にフタをしてしまう

2・「オレはまだまだいける!欲しいものがある!」と頑張る

どちらを選ぶかによって、運命が別れてしまうのも納得できる話。

確かに人生、自分が諦めたらそこで全てが終わります。したいこと、欲しいものがあれば、それをかんたんに諦めず、どうやったら手に入るか、欲望を燃料に、前へ進んでいく。

もしかしたら、何歳になっても、欲しいもの、したいことを諦める必要はなくて、求める気持ちを持ち続けることが、人生を楽しむ秘訣なのかもしれませんね。

本の購入はこちら