地獄を克服するコツは、あえて地獄へ突き進むこと。『地獄は克服できる』の読書感想

地獄は克服できる

人生挫折や失敗、どんなことがあったとしても、それらはなんとか解決できる。

ヘルマン・ヘッセ著『地獄は克服できる』(草思社)の読書感想です。

この本について

苦しみやストレス、悩みをテーマにした、ヘッセのエッセイ集。

人生で何度も挫折を繰り返したヘッセが、どのように苦しみを乗り越えて克服してきたのかが、体験的に語られています。

「小さな愉しみを大切にせよ」(P10)

「逆境のときこそ、人の本性が現れる」(P41)

「健康な人ほどささいな原因で体を壊す。普段から苦しんでいる人は、強い。苦労が人を強くして、鍛えるのだから」(P50)

「幸せなんて追うものじゃない、幸せを追っているうちは、それが手に入っても決してそれが分からない」(P77)

「地獄にあえて向かえ。そうすれば地獄は克服できる」(P119)

など、何度も読み直したくなる文章が満載。

挫折や苦しみを乗り越えるにはどうすればいいのか、この本から悩みを和らげるヒントが見つかるかも。

感想など

こういうヘッセの本は本当にいいな、と思う本。

失敗続き、挫折続きの人生を送ってきたヘッセだからこそ、その言葉には深い重みがあって、1ページ1ページ、ゆっくりじっくり楽しめます。

個人的に好きなのは「幸福」(P77)という詩。

おまえが幸福を追いかけているかぎり

たとえ最も好ましいものを手に入れても

おまえは幸福になれる段階に来ていない

おまえが失ったものを嘆き

いろいろな目標をもち あくせくしているかぎり

おまえは平和の何たるかを知らないのだ

おまえがすべての望みをあきらめて

もはや目標も欲求も忘れ

幸福という題目を唱えなくなったときはじめて

あふれるほどの出来事ももうおまえの心に届かず

おまえの魂は安らぐのだ

ヘッセ自身、仕事の挫折やうつ病、不眠、悩み多き人生を送った孤高の作家(というイメージ)ですが、ヘッセの文章はどこか優しくて、大らかです。

人生ときに、いろいろ昔のことを考えたり、これからのこと、今の悩みを考えて頭から離れないときがあったりしますが、それでもそれはそれでよくて、悩むことに意味がある。

人生に打ちのめされてもいい、打ちのめされる覚悟を持ってこそ、自分の人生に意味がある。ポジティブ思考とは違うけれど、読んでいて心に響く言葉がたくさん見つかります。

文体が固く、気楽に読める本ではないですが、ヘッセの文章って、ふと何度も読み返したくなる何かがあります。

こういう本と出会えると、本当に読書っていいですね。

本の購入はこちら