男は本気になったら勇者に変わる!『箱入り息子の恋』の感想

箱入り息子の恋 DVDファーストラブ・エディション

大切なのは本気度。

星野源、夏帆主演『箱入り息子の恋』(2013年)の感想です。

あらすじ

市役所に勤める真面目な青年、健太郎(星野源)は実家ぐらしの独身。

健太郎の父親(平泉成)と母親(森山良子)は、彼女を作ろうとしない健太郎に心配し、息子のためにこっそり婚活を開始する。

その縁で健太郎は目の見えない美女、奈穂子(夏帆)と出会うことになるが・・・。

トレイラーはこちら

感想など

市役所勤め、35歳、独身、実家暮らしの健太郎。

5時に仕事が終わったら速攻帰宅。酒もタバコもギャンブルもなし。趣味は貯金。

「ボクは一生独身でいい。だから老後も暮らしていけるお金を貯めている。誰にも迷惑はかけない」と人生を達観。

奈穂子が健太郎に興味を持ち、見合い成立、健太郎にお見合い話が上がるものの、乗り気でない健太郎。

そんな息子を心配した母親が、

「健太郎、私はあなたに、普通に暮らして欲しいの。普通に友だちと遊んで、普通に結婚して、そんな生活をして欲しいの・・・」

と語りかけるものの、それでも健太郎は動きません。

それを見た親父さん、「健太郎、お前、もしかして・・・ホ◯なのか?」のセリフに大爆笑。

結局、父親の心配は杞憂に終わり、健太郎は男として目覚めていくわけですが、映画の展開とは別に、「普通って結構難しいよなぁ」と考えてしまいました。

健太郎のようなキャラは極端かもしれませんが、恋愛をしてそれで結婚して家族を持ち子どもを育てていく。

それが「普通」なことなのかもしれませんが、あれこれ希望したり、先のことを頭の中で考え出すといろいろ難しいなぁというのが正直な感想。

それはともかく、あぁだこうだ考えるよりも「切なのは、直球ストレート、思うように、したいように生きていくのが一番なのかもしれません。

奈穂子に恋して覚醒、自分の感情に正直に生きるようになった健太郎の如く、時には無様になって、恥をかいて、それでも心のまま行動していく。

それさえできれば、人生、きっと楽しいものになるのかもしれません。

心に「ガツーン!」と来て時間を忘れてのめり込むほど面白い映画でした。

DVDの購入はこちら

箱入り息子の恋 DVDファーストラブ・エディション

コメント