国産アコギに興味津々

アコギ

アコギの魅力に取り憑かれてからというもの、ギター欲しい病にかかってしまい、来る日も来る日も、アコギの情報収集に夢中になってしまう毎日です。

ギター欲しい病とは

ギターを買っても新しいギターが欲しくなる不治の病。注意しないと破産の原因に。

個人的にはエレキはあまり興味がなくて、ギブソンとフェンダー、お気に入りのギターが2本あるので、興味はもっぱらアコギに向かっています。

今のところ、マーティンのD-28ギブソンJ-45LG-3、老舗メーカーの定番モデルは持っているので、最近は日本の国産アコギメーカーのギターに関心を持っています。

個人的に関心を持っているのがこちらの2社です。

【K.Yairi】

岐阜にある日本の老舗ギター製作会社。

以前、K.Yairiの代表モデルYW-1000を所持していましたが、諸事情で手放してしまいました。しかし、マーティンともギブソンとも違うK.Yairiギターの音は独特で、個人的に魅力を感じています。

いろんな楽器屋さんをまわって、K.Yairiのオール単板のギターが欲しいと思っています。

【アストリアス】

福岡の久留米にある工房。クラシックからアコギまで、魅力的なギターが販売されています。

個人的にEC PROというマーティン000-42タイプのギターに魅力を感じていますが、近所に扱っている楽器屋さんが見つからないのが悩みどころ。試奏したいなぁ。

国産ものはアメリカのアコギとはどこか音が違う

日本のギターメイカーは、マーティンやギブソンを参考にアコギを作っていると言われますが、日本のアコギは、アメリカのアコギのコピーモデルだとしても、本家とは違う良さがあるように思います。

以前、K.YairiのYW-1000を愛用していたのですが、音のタイプが近いマーティンのD-28とは違う美しい音を奏でてくれました。

具体的にどういう音だとは表現し辛いですが、硬い音のなかに凛とした美しい響きがあり、音に独特の個性がありました。どこか艶っぽさがあるというか、マーティンのギターとは違う魅力がありました。

アコギの魅力は、ギター1本1本、それぞれ個性があること。アコギは同じモデルのギターでも個体差があるくらい多様性のある楽器。違いを楽しみ、ナチュラルな音を楽しむことができます。

アメリカのギターも素晴らしいですが、日本にも素晴らしいギターがあると思います。楽器屋さんを巡り、「これだ!」という国産の1本と出会いたいと思います。

コメント