これぞアコギのスタンダード。『マーティンD-18&D-28永久保存ガイド』を読む

アコギのスタンダードモデル、マーティンD-18&D-28の魅力をこの一冊に凝縮。晋遊舎『マーティンD-18&D-28永久保存ガイド』の読書感想です。

マーティンはアコギの歴史そのもの
本書は、マーティン社の歴史からD-18&D-28のモデル詳細、各時代ごとのパーツの説明、D-18&D-28を使うアーティストのインタービューなど、様々な角度から、D-18&D-28の魅力を探っていく一冊です。

ギブソンを始め、モーリスやタカミネ、K.ヤイリ、日本のギターメーカーがこぞって模倣してきたマーティン社のアコギ。

ドレッドノートと呼ばれるギター、ギター内部のXブレージングシステム等、100年以上前の斬新な技術に発明されたマーティン社のアコギ製作のノウハウなしに、アコギの歴史を語ることはできません。

『マーティンD-18&D-28永久保存ガイド』では、マーティンギターの中でも、スタンダードモデルのD-28とD-18の2モデルに特化、ヴィンテージから現行モデル、年代別のモデルの違いが写真付きで詳しくまとめられています。

ヘッドストックからチューナー、指板、ブリッジ、各年代ごと、どのような素材が使われ、どのようなデザインになっていたのか、D-18&D-28のモデルがどのように変化していったのか、勉強になります。

愛用者は語る、マーティンの魅力

また、この本では、マーティンを使うアーティストや有名人のインタビューやD-28&D-18批評などが掲載されています。

プロミュージシャンの押尾コータローさんを始め、漫画家の浦沢直樹さんなど、マーティンのギターが、いかに多くの人に支持されているのか、マーティンの魅力が伝わってくる内容になっています。

マーティンのギターの音を楽しめるロックやフォークの名盤(ジョニ・ミッチェルやニール・ヤングなどの名盤)も掲載されているので、興味のあるCDを探して、マーティンの音に耳をかたむけるのもよいかも。

D-28&D-18の奏でる音は、まさしくアコギの歴史。私もこの本を読んでマーティンに激しく興味を持ったので、楽器屋にD-28とD-18を試奏に行こうと思います

本の詳細はこちら