人間の「本質」が変わらないのであるならば。『ギリシア・ローマ名言集』を読む

本の表紙

人は時代が変わっても、その本質は変わらない。

柳沼重剛選『ギリシア・ローマ名言集』(岩波文庫)の読書感想です。

『ギリシア・ローマ名言集』について

古代ギリシア、ローマ時代の名言を楽しめる本。

「賽を投げろ」

「転がる石に苔むさず」

など、現代でも使われるギリシア・ローマの名言を文庫本という形で、気軽に読める内容になっています。

以下、心に響いた言葉の抜粋です。

ギリシア編

「神々の愛する者は若くして死ぬ」(P21)

「賢人は敵から多くのことを学ぶ」(P28)

「人間の運命は車輪のようなもので、くるくると廻りつつ、同じ者がいつまでも幸運であることを許さぬものなのです」(P30)

「言葉は人の性格次第」(P33)

「人生とは舞台で芝居だ。大まじめなことは脇へおいて演じることを学ぶがよい。それがいやなら、苦痛に耐えねばならぬ」(P42)

「汝自身を知れ」(P56)

「あらゆるものは去り、何物も止まらぬ」(P63)

ローマ編

「老人の愚か者は長く生きたのではなく、長くこの世にいただけだ」(P95)

今日という日を摘み取れ」(P105)

「この主人にしてこの奴隷あり」(P119)

「中間を行くのが最も安全だ」(P141)

「野心はそれ自身では悪徳だろうが、しばしそこからいろいろな徳が生まれる」(P170)

「似たものは似たものと最も容易に交じり合う」(P174)

追記

古代ローマについて興味を持ち、『ローマ人の物語』の読書をスタート。読んで思うのは、結局歴史は「人間の物語」であること。

国や政治体制、様々なものに違いがあれど全ては人間。古代ローマでも現代でも、人の姿は驚くほど似通っているということに気づきます。

改めてこの名言集を読み返してみると、言葉も同じ。時代が違えど、人は相変わらず。だから先人たちが遺した言葉を知ることがまさに、生きた知恵になるのでしょう。

本の購入はこちら