グーグルアカウントにログインしたら、グーグル+に登録させられそうになった件

Gmailをチェックしようとグーグルアカウントにログインしたら、次のような画面が。

グーグルアカウント改悪画面

以前は、グーグルにログインして、アカウントのリンクを踏むと、利用しているサービス一覧が表示されていたのですが、アカウント画面が変更されており、「グーグル+へのアップグレード」の文字が。

わけも分からずクリックすると、「情報を更新して下さい」とのこと。生誕年を入力して更新すると、いきなりグーグル+に利用開始になり困惑。すぐにグーグル+のプロフィールを削除しました。

グーグル関係者は、よほど+サービスを広げたいようですが、「グーグル+は危険性があるし、人気がない」という話があるので、ゴリ押しされると正直困ります。

ウェブに個人情報を晒す気は毛頭ないですし、自分のプロフィールがネットに半永久保存されるなんて御免です。

グーグルアカウントを使うのは、サイト運営のためのウェブマスターツールやアナリティクス、グーグルメールなど、便利なツールを使えたから。グーグル+を利用する気はゼロなので、ゴリ押しされると正直不便です。

現状、アカウントログインで利用サービス一覧が出てこなくなり、管理画面が著しく不便になりました。注意しないと、「知らないうちにグーグル+を利用させられていた・・・」ということになりかねませんので、グーグルアカウント利用の際は、注意が必要かも。

利用しているグーグルのサービスへアクセスする場合は、

1・ログイン

グーグルにログイン

2・アカウントをクリック(ここまでは前と同じです)

アカウントをクリック

3・データツールをクリック

アカウント画面

4・アカウントデータを表示をクリック

ダッシュボード

この手順で、利用サービスを確認できます。

ただ、以前に比べ著しくサービスの利用が不便になったのは改善を期待したいところ。前はアカウントにログインするだけで、グーグルメールやウェブマスターツール、ドキュメント、アナリティクスなど利用サービスがアイコンで1ページに表示されていました。

今回の変更で、何度もリンクを踏まないと、目的のページにいけないようになり、かなり手間がかかるようになってしまいました。

ユーザビリティーをダウンさせるかわりに、グーグル+の利用をすすめるリンクがアカウント画面にどでかく登場。グーグル+への登録をプッシュするような画面になっています。

ただ、グーグル+を利用しなくても、グーグルメールやウェブマスター、グーグルアナリティクスなどのサービスは今まで通り使えますので、「グーグル+へのアップグレード」をクリックする必要はありません。

私と同じように、「グーグル+は使いたくないけど、アナリティクスやGmailだけ使いたい」という方は、グーグル+の登録にご注意を。