この本でギブソンのヴィンテージアコギが分かる。『ギブソン・ヴィンテージアコースティックギター・ガイド』の感想など

ギブソン・ヴィンテージアコースティックギター・ガイド―人気モデル完全網羅!各モデルの歴史と特徴を徹底解説 (SAN-EI MOOK)

ギブソン LG-3というヴィンテージアコギを購入以来、もっとギブソンの古いギターについて勉強したくなりました。

そこで参考にした本がこちら。三栄書房の『ギブソン・ヴィンテージアコースティックギター・ガイド』という本です。

ギブソンの60年代~70年代にかけてのヴィンテージアコギを中心に、ギブソンのアコギをカラー写真+解説が充実している本で、ギブソンのアコギを詳しくで勉強できます。

60年以前のヴィンテージも登場します。)

掲載機種

・J45(1945~1969年モデル)

・J160E(1964年モデル)

・L&LGシリーズ(1929~1966年モデル)

など

J45やJ50、ハミングバード、SJ200など、ギブソンには様々なアコギがありますが、それぞれどれも、仕様、歴史、あらゆる面で、どれも個性的。

そこで、この本を読むことで、年代ごとの仕様の違いも分かりやすく勉強できて、ロゴやピックガード、ペグ、ポジションマーク、ボディサイズなど、写真で仕様の違いが確認できます。

ギブソンのアコギは、マーティンのように万人受けするような音ではないのですが、クセがあって、独特の魅力が詰まっています。この本で、さらにギブソンアコギの魅力に取り憑かれそうです。

本の購入はこちら