ドイツでは日本人差別がある?

滞在先のドイツのホテルでヤフー知恵袋を見ていたら、「ドイツでは日本人差別がある」というような内容のページを見ました。こちらです。

ヤフー知恵袋

質問者は、「ドイツは親日だというが、私はそう思わない。日本人をバカにしているのではないか?」というような質問。

それに対して、ベストアンサーの回答者は、

「ドイツ旅行をして感じた正直な意見ですが、アジア系に対しての差別は普通にあります。通りすがりに赤ら様に嫌味を言われることは多かったですね」

と答えています。

ドイツ7回旅行経験あり、そして今(2013年8月時点)を旅している私としては、正直「え?」という感じです。

観光で訪ねるならドイツは比較的安全

いろんなドイツの都市を旅行しましたが、現地の人から暴言を吐かれたことは1度もありません(ただしフランスでは1度あり)し、ドイツ南部の人は、目が合ったら普通に「ハロー!」と言ってきます。

そして、鉄道、お店、ホテル、どこもスタッフの人は親切でしたし、観光客に対する距離の取り方はとても適切でした。

もちろん、無愛想で不親切な人、酔っぱらいやガラの悪い人(いわゆるDQN、日本でも近づかないですよね)もいましたが、それはどこの国も同じ。日本でもそういうタイプの人は一定数います。

無愛想な人の場合は、疲れている人だったり、単純に言葉が通じなさそうな外国人を前にして緊張しているケースがほとんどのように思えました。

ドイツで暮らし、働き、現地の人と深く関われば、イヤな思いをするかもしれませんが、少なくとも、観光客としてドイツを旅する間は、日本人だからといって、不愉快な思いはしたことはありません。

郷に入れば郷に従え

もし、ドイツで居心地が悪いとすれば、それはこちらのマナーが悪かったり、現地のルールを理解していない行動をとっていることが多いです。

お店に入ったときは店員にアイコンタクトして「ハロー」と言う。ホテルでも街でも、目が合ったらアイコンタクトするなど、こちらの土地の風習を守っていれば、全然問題ないです。

周りのドイツ人がしているように振る舞えばバッチリです。)

道を聞いたとき、迷子になったとき、ホテルでネットがつながらなくなってスタッフに助けてもらったとき、いろんな問題が旅行中ありましたが、親切に助けてもらえました。

この体験から、「一般的なドイツは日本人を差別する!」なんてことはないと断言できます

「え、ドイツでは日本人差別があるの?旅行は安全かな?」と不安に思った方は安心を。ドイツは治安が良いですし、良いところです。

どこの国でもそうですが、ごく一部、ガラのよろしくない人がいます。「君子危うきに〜」というアレで、ガラの悪い人たちからは遠ざかり、夜街を出歩きを控えれば、快適なドイツ旅行を楽しめますよ。

コメント