簡単に宅録ができる!Appleのガレージバンドを使った感想

ガレージバンドの画像

私は高校生の頃から、Roland(ローランド)のレコーディング機材で宅録をしていました。大学卒業後、全く音楽をしなくなっていたのですが、あることをきっかけに、また音楽をしたいと思うようになりました。

そこで、パソコンを使って作曲&録音できる&作った曲を簡単に管理できるソフトを探していました。そんなとき、ガレージバンド(GarageBand)というソフトの存在を知ります。

ガレージバンド(GarageBand)とは

パソコンやipadがレコーディングツールになるアップルのソフト。簡単な操作で宅録ができる。音質はLogic Proなどの専門ソフトには劣るが、使いやすさ、操作性は抜群。

ネットの評価や音楽仲間の話を聞くと、なかなか良いとのこと。ウィンドウズのパソコンしか使ったことのない私も、Macの購入を決意。ショップに行ってMacBook Proを買ってきました。

このパソコンには最初からガレージバンドがインストールされているので、お金を払う必要はありません。曲と機材(MIDI、ギター、USBなど)があれば、すぐに使うことができます。

「使いやすい」と評価が高かったの期待していましたが、実際にガレージバンドを使ってみたら、それも納得。かなり便利なソフトでした。使い方は簡単で、説明書がなくても、感覚的に操作ができます。

ガレージバンドの機能など

ガレージバンドを起動

ガレージバンドは、録音&作曲はもちろん、さまざまな機能があります。しかし、操作はとても簡単で、パソコンに詳しくなくても、感覚的に使えるよう設計された親切ソフトです。

ガレージバンドの画面

ソフトを起動させると、新規プロジェクトの作成や楽器演奏など、ガレージバンドのメニューが起動します。このソフトでは、作曲&レコーディングのほか、楽器の演奏やiPHONEの着信音も作ることができます。

メニュー画面

作曲、楽器の演奏練習など、ガレージバンドにはいろいろな機能があります。

録音の手順

1・ガレージバンドを開く→新規プロジェクトを選択

クリエイトソング

歌の名前(ファイル名)を決め、テンポとキーを選択します。(ファイル名は自由に変更できます。)

2・トラックを追加する。

新規トラックを追加

最初は1トラックだけなので、どんどん音を追加していきます。操作は簡単で、すぐにトラックを追加することができます。

3・好きな音を選びレコーディングする。

トラック追加

ガレージバンドに入っているエフェクトをいろいろ試しましたが、少しシンセ系の音やエレキピアノの音が少ないです。好みの音を出すには、自分で調整する必要があります。ただ、内蔵音源の種類も多いので、手軽に録音はできます。

4・録音して音を調整する

マスタリング

曲が完成すると、このような感じに。Macとキーボードをつなげば、MIDI入力で楽譜も自動的に作成してくれます。正確性にはやや欠けますが、これはすごい機能です。最後にマスタリングして、曲が完成します。

以上、このような感じで、録音はとても簡単にできます。

マイクによる録音も可能です。コンデンサーマイクを使えば、ボーカルやアコースティックギターなど、生音を良い音で録音することができます。)

感想など

基本、目視でどこを操作すればいいのかが分かるので、説明書を読む必要はありません。使っているうちに機能が分かるので、これはとても使いやすいソフトだと思いました。曲の編集もしやすいですし、機械操作が苦手な人でも、とっつきやすいソフトだと思います。

ただ、音質的なものでいえば、ガレージバンドの上位版的ソフトのLogic Proの方が明らかに良いです。ピアノの音や、マスタリングの音の厚みが全然違うので、音にこだわる方は不満を感じるかも。

ただ、ソフトの操作性はだんぜんガレージバンドの方が良いです。私の場合、「ガレージバンドで録音→Logic Proで編集&マスタリング」という使い方をしています。

ガレージバンドとLogic Proは互換性があります。)

ガレージバンドは、私のようにパソコンで気軽に自作曲をPCで録音&管理したいという人には、とても使いやすいソフトだと思います。

「宅録初心者。簡単で分かりやすいものから宅録を始めたい!」

という方におすすめです。