いつの時代も色褪せない不朽のゲーム音楽10選

ドラゴンクエストV 天空の花嫁 (DQ VIII プレミアム映像ディスク同梱)
ゲーム音楽の名曲を集めたページです。

ゲーム音楽を楽しみつつ、過ぎ去りし日の思い出に浸るひとときを。

・悠久の風

FF3の名曲。「たまねぎ剣士」という言葉にピンと来る我らの世代には一生忘れられない名曲です。

・おおぞらをとぶ

国民的人気ゲーム、ドラゴンクエスト3から。空を自由に飛び、広い世界を自由に旅する。そんな気分にさせてくれる素晴らしい曲です。

・雄偉の将

菅野よう子作曲、歴史シュミレーションゲーム信長の野望、室町幕府最後の将軍、足利義昭のテーマから。日本独特の「はかなさ」が感じられる名曲。

動画の肖像画は室町幕府13代将軍の足利義輝です。剣豪としても有名でしたが、悪いヤツラに襲撃され、暗殺されてしまう悲劇の将軍です。)

・臥龍

信長の野望からの名曲その2。この曲を聴くと、90年代の少年時代の雰囲気を思い出して懐かしく思ってしまいます。

・島津家のテーマ

信長の野望の名曲その3、島津氏のテーマから。聴きこめば聴き込むほど、シンプルで奥深い音の世界に引き込まれます。

・はるかなる故郷

スクエアの名作RPG、FF5から。この頃のFFは特にワクワクしたなぁ。

・時の回廊

伝説的ゲーム、クロノトリガーの名曲から。遠く昔の時代に滅びってしまった伝説の国で流れるこの曲は、「かつて在ったもの」への哀愁を呼び起こします。

・LAND OF LUXURY ~黄金の地~

「信長の野望」や「花は咲く」の作曲家として有名な菅野よう子さんの隠れた名曲。この曲を聴くとどうしようもなく、心がワクワクしてきます。

・エイトメロディーズ

糸井重里さんが脚本を務めた伝説的ゲーム、「マザー」から。この曲を聴くとつい「ジワッ」と来てしまうのは、なぜなのでしょうか。時間が過ぎるのは本当に早いものです。

・荒野の果て

PSの名作、ワイルドアームズの名曲から。果てしない世界、一人旅する「渡り鳥」のテーマ。

・夢の岸辺に アナザー・ワールド

「クロノトリガー」の続編、「クロノクロス」からの一曲。まるで夢の国の中にいるような気持ちになる幻想的な音楽です。

・いつか終わる夢

PS2の金字塔となったFF10。ストーリーの終盤に流れるこの曲は、物語の世界に入り込んだプレイヤーにはたまらないものがあります。

・ユカウラ

最後には涙なくしてはプレイできない名作ゲーム「うたわれるもの」から。ユカウラとは子守唄の意味。郷愁と穏やかさ、何かに包まれるような優しさ、そんなものを感じる名曲です。

・Recollection

オンラインゲームとして一世を風靡したFF11の代表曲。美しいメロディーが、壮大な旅を予感させます。

・燐光の地ザトール(夜)

Wiiの名作ゲーム、ゼノブレイドのサントラから。このゲームは名曲揃い。この曲にピンときたら他の曲も聞いてみてください。

・薪の王グウィン

日本が誇る死にゲーARPG「ダークソウル」から。ゲームプレイ中は少し気を抜くと軽く死ねるので音楽を楽しむ余裕がありませんが、サントラでこの曲を聴いていると、本当に美しいと思います。

・セーブデータ消失(ネタ)

ファミコン、スーパーファミコン世代にはトラウマ級の迷曲(?)。このフレーズが流れたときの緊張感はたまりません。