フォーレのレクイエムのCDを二枚購入した感想など

寝る前のリラックスミュージックとして、フランスの音楽家、フォーレの「レクイエム」をかけています。

フォーレとは

19世紀のフランスで活躍した音楽家。フォーレが作曲したレクエイム(鎮魂歌)は、モーツァルト、ヴェルディのレクエイムと並び、「三大レクイエム」として高い評価を得ている。

ジョンズ・カレッジ聖歌隊のアルバムを10年以上聴いてきたのですが、最近音飛びなどのトラブルがあり、そろそろ新しいCDを買う時期かなと感じ、Amazonでアルバムをチェック。

検索でヒットしたレクイエムを試聴した結果、この二枚を購入することに。

一枚はベルン交響楽団のもの。

フォーレ: レクイエム

もう一枚は、小澤征爾さんの指揮のものです。

フォーレ:レクイエム&歌曲集

ベルン交響楽団のCDについて

ベルン交響楽団のものは、ややリバーブが強いものの、ボーイソプラノのコーラスの美しさは、言葉で例えることのできない音楽の美しさを実感できます。CDでいうと4トラック目に収録されている「ピエ・イエス」は文句なしに素晴らしい。

この曲を、夜寝る前に電気を消して聴いていると、1日の様々な出来事がスーッと消化されていき、心静かに、1日を終えることができます。

こちらのレクエイムは、全体的に、演奏に静粛さや荘厳さに満ちていて、夜静かな気分で聴くとき、音楽が心に染みこんでいきます。

小澤征爾さん指揮のレクエイムについて

小澤征爾さん指揮のCDは、フォーレのレクエイムに加え、歌曲集が収録されています(演奏はボストン交響楽団)。

CDの収録時間はおよそ65分となっています。ベルン交響楽団のものとレクイエムを聴き比べてみると、音の深みが濃く、やや重々しい印象です。

こちらのCDの「ピエ・イエス」は、バーバラ・ボニーさんというアメリカのソプラノ歌手が歌っているのですが、力強さと包容さ全面に出た曲になっており。テンポもスローになっており、ベルン交響楽団のものとはひと味違う味わいが楽しめます。

小澤征爾さん指揮のCDは、どちらかというと、レクエイムより、歌曲集の方が良いかなと思います。

感想など

個人的に、フォーレのレクイエムは一種のヒーリングミュージックとして聴いています。

フォーレのレクイエムを聴くと、なぜか淡々と静かな気持ちになって、穏やかに眠りにつくことができます。これをかけてベッドに横たわると、「静寂」という言葉を身を持って味わうことができます。

20歳になったばかりの頃、イギリスに旅行に行って、カンタベリーという有名な教会に観光に行ったことがあるのですが、偶然そのとき、地元の人が参加するミサが行われていました。

一般公開されていたので、そこで聖歌隊の歌を聴いたのですが、とても感動したことを覚えています。

フォーレのレクイエムを聴くと、いつもそのことを思い出して、「音楽には人の心を癒やしたり、落ち着けるような力があるのではないか」と感じます。

夜静かに音楽を聴いて、1日を終える。いろんなことを考えつつ、美しい旋律に意識を向ける。フォーレのレクエイムは最高の環境音楽です。