知って楽しい首都圏駅の驚きランキング。『駅格差』の読書感想

駅格差 首都圏鉄道駅の知られざる通信簿 (SB新書)

座りやすい駅、住みやすい駅は一体どこ!?

首都圏鉄道路線研究会著『駅格差 首都圏鉄道駅の知られざる通信簿』(SB新書)の読書感想です。

スポンサーリンク

この本について

首都圏の駅を様々なテーマでランキング付けしている本。

・乗り換え利便性ベスト10(P24)

・乗り換え利便性ワースト10(P27)

・駅トイレ利便性が高い駅(男性P52&女性56)

・通勤時に座れる駅(P116)

などの実用的なランキングから、

・読み方が難しい駅ランキング(P98)

・ファストフード店がない駅(P110)

などの個性的なランキングまで、首都圏に駅に関する面白い話が満載。

この本を読めば、普段利用している駅の意外な側面が発見できるかもしれません。

感想など

個人的に特に面白かったのは「30年で逆転した駅の序列」(P130)という話。

ここでは品川や秋葉原など、東京へ行けば必ず利用する駅の話が乗っていて面白かった。品川はよく利用する駅なので、こんな変遷があったとは、知って面白いです。

そんな感じで、よくもこんなに駅のことを調べたな、という話が満載の本。

駅とは何なのか、それぞれどんな特徴があるのか。通勤の合間にこの本を読むと、毎朝の通勤も苦痛でなくなるかもしれません。

本の購入はこちら

コメント