仕事は人生の大切な部分。だから満足するまで頑張りたい。『ドラッガー名言集 仕事の哲学』を読む

仕事における大切な考え方。仕事で成果を出すことはもちろん大切だが、重要なのは仕事を通じた自己実現。

P.F.ドラッガー著『ドラッガー名言集 仕事の哲学』(ダイヤモンド社)の読書感想です。

内容について

経営学で有名なドラッガー博士の名言集。仕事や自己実現など、仕事に関するテーマをもとに、ドラッガー博士の名言が分かりやすくまとめられています。

このような具合です。

成長

・人は精神的、心理的に働くことが必要だから働くだけではない。人は何かを、しかもかなり多くの何かを成し遂げたがる。

自らの得意なことにおいて、何かを成し遂げたがる。能力が働く意欲の基礎となる。(P14)

自らの成長のために最も優先すべきは、卓越性の追求である。そこから充実と自信が生まれる。

能力は仕事の質を変えるだけでなく、人間そのものを変えるがゆえに、重大な意味を持つ。(P15)

貢献

・ほとんどの人が、下に向かって焦点を合わせる。成果ではなく、権限に焦点を合わせる。

組織や上司が自分にしてくれるべきことや、自らが持つべき権限を気にする。その結果、本当の成果を上げられない。(P44)

強み

・何かをすることを決めたら、何を期待するかを書き留める。九ヶ月後、一年後に結果と照合する。

私自身が五十年続けている。そのたびに驚かされる。

こうして自らの強みが明らかになる。自らについて知りうることのうち、この強みこそ最も重要である。(P57)

今さら自分を変えようとしてはならない。うまくいくわけがない。自分の得意とする仕事のやり方を向上させることに、力を入れるべきである。(P61)

名言集ということで、どれも短文でスッキリして読みやすい。しかも、心に響く言葉、暗記して座右の銘にしておきたい言葉が、ぎっしり詰まっています。

ドラッガーの原書は、専門的な内容が多く、きちんと理解するためには、精読と熟読が必要ですが、この本は、ドラッガーの名言を厳選されているので、短い時間でも、気軽に読むことができます。

感想など

一時期ドラッガーがブームになったので、ドラッガーの専門書を読んでみたのですが、私には難しく感じ、一度挫折。

今回、名言集を読んでみたら、いろいろ心に響く言葉がたくさん見つかり、とても勉強になっています。

書評サイトを見ると、いろんなレビュワーの方がドラッガーの本を推薦していましたが、確かに読んでみるべき本がたくさんあるように思いました。

仕事だけでなく、一般的な人生訓として含蓄の多い言葉がたくさんあるので、新しい発見ができるかもと期待しつつ、ドラッガーに挑戦したいと思います。

本の購入はこちら