ドメイン変更はよほどのことがない限りやめた方がいい

ドメイン情報

2014年12月、ブログのドメインを変更しました。

一般的に、運用済みのドメインを意味なく変更するはNG。

一度ドメインを変更してしまうと、検索エンジンからのアクセスや、SNSやNEVER等、他の方からリンクされていたページのリンクがムダになるなど、メリットがありません

なので、理想的には、一度設定したドメインで、ずっと運営していくのが理想かも。

個人的には、メリット云々はあまり関係なくて、ドメイン変更の作業が作業が大変でした。

ワードプレス運用サイトのドメインを新しいものに変更する場合、

1・新しいドメインを取得。

2・新サイト用のサーバーを用意、新しいドメインを設定、ワードプレスをインストールしておく。

3・古いサイトのデータをエクスポートする。

4・新しいサイトのワードプレスにログイン、データをインポートする。

というような流れになるのですが、これは案外簡単です。

データのインポート&エクスポートは、ワードプレスの「ツール」から可能で、面倒なことはプラグインをインストールしなす作業くらいです。

ワードプレスのサイドバー

とはいえ、私の場合、前のサイトからデータをインポートするのはOKだったのですが、エクスポートしたときにエラーが発生。

一部のページの画像や写真データ、一部のページが上手く反映されず、手作業で直すハメに。これがなければデータのエクスポートは楽です。

サイトのデータをインポート&エクスポートするより大変だったのは、グーグルにサイトのドメインの通知を出す作業です。

以前は今よりも簡単にドメイン変更通知ができたようですが、現在はあれこれと手順が必要。

古いサイトに301リダイレクトを設定しつつ所有権確認の作業、ここで何度もエラーが発生し、サイト移転作業で一番時間がかかってしまいました。

1・301リダイレクトを古いサイトに設定

2・一応301リダイレクトはできるがグーグルではエラ―扱い

3・エラーがなくなり所有権を確認する作業でエラー

4・2の手順からやり直し

という具合、何度もエラーが発生。ドメイン変更通知が受理されるまでおよそ5時間も費やしてしまいました。

最初、301リダイレクトは設定できたので、グーグルへの通知は面倒になって放置しようと思いましたが、やはりやるべきことはきっちり。

万が一、新しいサイトがグーグルからコピーサイト認定されるといろいろマズイので、通知作業を完了させました。

新しいドメインの変更と、古いサイトのデータの取り組みは案外簡単でしたが、やはり理由もなくドメインを変更するのは全くメリットがないですし、手間がかかります。

ドメイン変更なく、一貫して運用できるのが一番。新しいサイトのためにドメインを取得するときは、後々変更の必要がないよう、しっかり考えて取得しておく必要がありそうです。