『ダークソウル リマスタード』オンラインプレイの感想

トップ

『ダークソウル』シリーズの何よりの面白さといえば、他のプレイヤーとのオンラインプレイ。

一人でシコシコ攻略するのも楽しいですが、装備を集め、レベルを調整し、キャラを完成させる。

その上で、協力プレイしたり、他のプレイヤーのもとへ侵入してリンチされたり、多様な遊び方ができるところが、何よりの面白さ。

オンラインでは、ガチな人はもちろん、いわゆるコスプレイヤーも多く、ワイワイ楽しむことができます。

協力プレイ

今回、リマスター版でオンラインプレイの仕様が変わったらしいので、実際にプレイして、体感してみることにしました。

召喚中

マッチングの体感としては、SL70→80→99→120→150で、後半のエリア中心にサインを置いてみましたが、70と80の場合はそこそこ呼ばれます。

しかし、99、120まで上げると、召喚される回数は激減。既に周回プレイをしているプレイヤーとのみマッチしました。

ちなみに150まで上げると、完全孤独な世界。サインを置いても全然呼ばれないのは、無印と同じ状況です。

まだ発売間もない問題もあるかもしれませんが、マッチングに関しては武器マッチングも入ったらしいので、低レベルのお助け白は、昔とは違う状況になりそう。

マッチングについて

白霊として、様々なSLで協力プレイをしてきましたが、体感としては、1週目のSL50以降は、無印とそれほど変わっていない印象です。

低SLでは、昔ほど露骨な初心者狩りは減った印象ですが、墓王の剣+ハベル、呪術+ハベルといった初心者狩りはあい変わらず侵入してきます。

ただ、「回数的には若干減ったかな?」という印象です。

そのほか、具体的にどのSLと武器レベルでマッチしたかを記述します。

【SL18~25、武器強化レベル5】

不死街と不死教会で呼ばれる頻度高い。太陽の祭壇では経験者ホストに呼ばれることが多い。武器レベルを10にするとめったに呼ばれなくなる。

ここでの闇霊は飛沫or黒炎の魔術系初心者狩りか、墓王+ハベル(or巨人)のブンブン系初心者狩りが多い。

【SL25~35、武器強化レベル10】

最下層と病み村で呼ばれやすい。武器レベルを11以上にすると、呼ばれる頻度が激減する。

【SL35~45、武器強化レベル10~15】

センの古城、アロール・ロンドでバンバン呼ばれる。

【SL50~以降、武器レベル15】

後半のエリアなら過疎エリア以外バンバン呼ばれる。DLCエリアなら、サインを書けば即召喚される。

【SL120、武器レベル15】

2周目以降のホストに呼ばれる。「4人の公王」など、周回の難所エリアは特に呼ばれやすい。

【SL150以上、武器レベル15】

ほぼ孤独な世界へ。ごく稀に召喚されるレベル。

赤侵入について

今回、リマスタードをプレイしていると、闇霊の侵入が初期エリアにおいては、無印と比較して減っているのを実感します。

感触してしては5回プレイして1回。相変わらず、いやらしい初心者狩りは存在しますが、侵入される数自体は、全般的に減っている印象です。

SL50、武器レベル10を超えると、無印と変わらず、侵入はバンバン来ます。そして現状、侵入者は概ね同じパターン。

グレクラのスタブ狙いやあの武器のブンブン丸、神の怒りブッパ、闇魔法、昔と全く闇霊のパターンが変わっていません。

そして、侵入者は皆仮面をつけていて、絶対勝ちたいマンばかり。

平和+怒りとか、平和+追うもの+飛沫とか、外道戦法を平気で使ってくる闇霊が増えている印象。

昔のように個性的な闇霊が減ってしまったのはなんだか寂しい気持ちがします。

ダークソウル リマスタードのまとめ記事へ