『ダークソウル リマスタード』7週目カンストクリア、オンラインプレイが激アツ

トップ

2018年5月末からプレイし始め、驚くほど熱中しているフロム・ソフトウェアの『ダークソウルリマスタード』。

1stキャラの周回数も難易度カンストの7週目をクリア。

神の怒り7個

SLレベルも目標の200まで到達し、もう十分。

キャラのステータス1

ということで、オンライン専用のキャラを作成。

まずはグレクラ+結晶エンチャマン(2週目)。

キャラのステータス2

そして怒りマン(4週目)

キャラのステータス3

2キャラ分のオンラインキャラを作成。SL120で止めていますが、かなりサクサクマッチングしてくれます。

基本は白霊の協力がメインでプレイ中。侵入もしましたが、ガチでやると結局、絶対殺すマンになってしまい、自分的には敵対プレイは性に合いません。

(怒り+内なる大力で1対3でも勝てます、ただし、対人が上手い人には全然かなわないw)

ということで、白霊中心の協力で楽しんでいます。

それにしても、『ダークソウル』の協力プレイは信じられないほど何度もやりましたが、なぜこんなにも中毒性があるのだろう?

ゲームそのものになんともいえない中毒性があって、世界観。熱中度。すべてが熱い。

ペトルス始末前

ソロで淡々とプレイしてもいいですが、やはりキャラを作り上げた上でオンラインにつないで、他のプレイヤーとエリアを攻略する。

このシンプルでありながら、一期一会の楽しさが、このゲームの最も面白いとこだと感じています。

ということで、当分『ダークソウル』の世界からは離れられそうにありません。次は、アリトリウスをSL120で作ろうか検討中。

こうしてキャラを作るのが、楽しいんだなぁ。

ダークソウル リマスタードのまとめ記事へ