ワードプレスに著作権証明プラグイン Copyright Proofを導入してみた

コピーライトプルーフ

このブログは、情報公開はもちろん私のライフログ的なものにしたいと思い、一生更新していきたいと思っています。しかし、ブログは何かとトラブルも多いもの。

ブログの有名度、規模に関わらず、

「ブログをコピーされた!」

「文章をコピペされて盗まれた!」

という被害は結構あるようです。

ブログの記事を盗まれたときに重要なのが、「誰が一番最初にその記事を作ったのか」という証明なようです。そこで、万が一のことを考え、ワードプレスのコピーライトを証明してくれる+記事のコピーをしにくくするプラグインを導入してみました。

Copyright Proofというプラグインです。ワードプレスをお持ちの場合は、プラグイン→新規追加→copyright proofと検索すれば見つかります。

このプラグインを追加することで、それぞれの記事に更新日時の証明を追加されます。これによって、記事をコピペされたとき、相手のサーバー等に「こちらが先にこの記事を作った」と証明できます。

導入について

プラグインを検索、インストールします。

プラグイン検索

プラグインをインストール後、有効化します。すると、「You must Configure Copyright Proof and Register to get it working」という文字が表示されますので、それをクリックします。

すると、セッティング画面が現れます。ここで必要な情報を入力します。

導入画面と情報を入力する

氏名はローマ字で入力します。)

必要な情報を記入したら、Update&Registerをクリックします。すると、登録したメルアドにこのようなメールが届きます。

メール

赤で囲ってあるリンクをクリックします。するとこのサイトに飛びます。ここで、登録したメルアドが表示されていますので、先ほど設定したパスワードを入力、Submitをクリックします。

ログインページ

これでプラグインを使える状態になります。

フィニッシュ

導入後、各記事作成画面の下にこのようなライセンス設定画面が現れます。

記事下

これで、記事のライセンスが証明することができます。

投稿ボタンに新しいボタン「公開&Digiprove」が追加されていますので、それをクリック。記事を公開します。すると、公開した記事の下にこのようなリンクが追加されます。

証明

これが証明になります。リンク先をクリックすると、自分の記事所有者がDigiproveによって証明されます。

証明画面

万が一、記事を盗まれて、相手のブログやサーバー会社に申し出るときには、これを証拠としてパクリを訴えます。こうすることで、解決も迅速になるでしょう。

「一生懸命書いた記事が、知らない人に盗まれてどや顔されていた・・・」

「自分の記事がパクられただけでなく、パクリサイトがグーグル先生に先にインデックスされ、こちらが被害を被った・・・」

なんてことは避けたいもの。

ブログを運営するなら、万が一のために証拠はきちんと作っておきたいものです。

コメント

  1. mas より:

    いいですね。さっそく導入させてもらいました。

  2. 910121 より:

    今、WordPressで使っているプラグイン一覧 -ブログ編-

     サイトが重いので、無駄が無いかチェックしつつ一覧にしてみます。  なんだかんだで結構入れてるんですよね…。  とりあえず今日は910121のプラグインを整理。 キャッシュ系プラグ…