賃貸探しでいい部屋を紹介してもらうための心得

そこだよ、そこ

賃貸選びには毎回相当こだわってきましたが、賃貸選びで成功するコツは、良い営業マンさんに担当してもらうこと。

札幌に引っ越して2度目の賃貸探しをしたときのこと。

このときの賃貸営業マンさんは相当正直な性格の方らしく、物件の情報や地域の特性だけでなく、「賃貸営業マンがどのように客を選別しているのか」すらも話してくれました。

それを聞いて個人的にはとても納得。良い部屋を紹介してもらうためには、「良い客」になる必要があることを実感しました。

最終的には人と人

早い話、賃貸営業マンさんも人の子です。仕事で賃貸を紹介しているわけですが、

「このお客さん、嫌だな・・・」

「このお客さん、本当に家賃払えるのかな?]

「このランクの物件を紹介してもムダにならないかな」

など、仕事ができる賃貸営業マンさんほど、言葉は悪いですが、お客を値踏みして物件を紹介しています。

そのため、私たちはお客という立場ですが、不適切な服装で来店したり、横柄な態度を取っていたら、物件探しでいろいろ損をしてしまうのは確かです。

賃貸の入居審査も管理会社や保証会社の「人」が審査しています。そう考えると世の中はなかなか面白い。結局はどんなことも、人と人との関係なのかもしれません。

どんな人からも、「この人は助けてあげたい!応援してあげたい!」と思われるのが最強ですね。

納得できる賃貸物件を見つけるために

賃貸は一度契約すると、大きなお金を払うことになります。そこで大切なのは、自分が心から納得できる物件を見つけること。

そのためには賃貸営業マンさんの手助けが必要不可欠ですが、正直なところ、賃貸営業マンさんも本当に人それぞれ。

今すぐ即決で向こうが都合の良い物件を決めさせようとしてくる人もいれば、こちらの都合を聞いた上で、たくさん物件を紹介してくれたり、「こういう地域もどうですか」と新しく提案してくれる人もいます。

結局は「人による」としか言いようがなく、「この人に物件探しを頼むのは不安だ・・・」と感じたら、即他店へGoする必要があります。

個人的には、良い賃貸物件が見つかるかどうかは、賃貸探しのタイミングだけでなく、良い賃貸営業マンさんとの出会いが不可欠だと実感しています。

だからこそ、賃貸探しにおいては、そこは絶対に妥協してはいけないポイントだと感じています。

第一印象で損しない

ではどうやって良い営業マンさんと出会うか、ということですが、大切なのは、賃貸会社にコンタクトを取る段階で、「このお客にはきちんと対応する必要がある」と思ってもらうことだと思います。

そのため、賃貸会社に行くときは事前に来店を予約。予約フォームにメッセージを入力するときは、ビジネスメールを送るように丁寧な文言で文章を書きます。

その上で、来店するときは服装はジャケット着用、時計はロレックスかグランドセイコー、靴は革靴のピカピカに磨いたものを履いて来店し、最初の段階で値踏みされないようにしています。

その甲斐あって、フリーランスという賃貸探しで損をしがちな職業ですが、納得して物件を見つけることができています。

大切なのは第一印象。「このお客さんはきちんとしている。良い物件を紹介すれば契約が取れそうだ」と思ってもらえれば、自然に力になってもらえます。

こちらは納得できる賃貸を契約でき、賃貸営業マンさんは契約を獲得。どちらもWin-Winです。

最後に

賃貸を探して納得できる物件を見つける。その手助けをしてくれるのが賃貸会社の営業マンさん。

仕事ができ、熱意があり、相性が会う担当の人とご縁があれば、物件探しはもちろんのこと、入居審査においても、いろいろ手助けしてくれます。

良い担当の方に当たれば、「こんな物件が見つかるとは!」という賃貸探しの喜びを実感できます。

だからこそこちらも相手にとって「良い客」となり、お互いがWin-Winの関係を築けるよう、努力したいものです。

「賃貸物件を探す。今の物件はいろいろ失敗したので、次こそ納得できる物件を見つけたい!」

という方は、参考にしてみてください。

コメント