文芸・文化・芸術

文芸・文化・芸術

その人生、37年の足跡をたどる。『ゴッホのあしあと』を読む

原田マハ著『ゴッホのあしあと 日本に憧れ続けた画家の生涯』(幻冬舎新書)の読書感想です。ゴッホがどんな人生を送ったのか。あらためてこの本で。
文芸・文化・芸術

そこにあるのは天才画家の言葉ではなく、一人の男の魂の告白。『ゴッホの手紙』の読書感想

そこにあるのは天才画家の言葉ではなく、一人の男の魂の告白。岩波文庫『ゴッホの手紙』(上・中・下)の読書感想です。
文芸・文化・芸術

言葉は力。言葉希望。『読まずに死ねない世界の名詩50編』の読書感想

言葉は力。言葉希望。小沢章友 (編集翻訳)、マツオヒロミ (イラスト)『読まずに死ねない世界の名詩50編』の読書感想です。
文芸・文化・芸術

結局、作家はどれくらい儲かる?『作家の収支』の読書感想

結局、作家はどれくらい儲かる?森博嗣著『作家の収支』(幻冬舎新書)の読書感想です。
文芸・文化・芸術

古典はむずかしいが、この本があれば。『古書店のオヤジが教える 絶対面白い世界の名著70冊』の読書感想

古典はむずかしいが、この本があれば。日比野敦著、阿刀田高監修『古書店のオヤジが教える 絶対面白い世界の名著70冊』(三笠書房)の読書感想です。
文芸・文化・芸術

男を破滅させる女の傾向と対策。『悪女入門』の読書感想

男を破滅させる女の傾向と対策。『悪女入門 ファム・ファタル恋愛論』(講談社現代新書)の読書感想です。
文芸・文化・芸術

大人になってから「杜子春」を読むと、いろいろ奥深いと思う

芥川龍之介「杜子春」の読書感想です。
文芸・文化・芸術

男には、死んでも譲れないものがある!『海賊とよばれた男』の読書感想

百田尚樹著『海賊とよばれた男』(講談社文庫)の読書感想です。人として本当に大切なものがあること。生きていく上で絶対に忘れてはいけないことがあること。自分の人としての在り方、生き方を考えさせられる名著がこちらです。
文芸・文化・芸術

人はそれぞれ、いくつも顔を持っている。『プリズム』の読書感想

人はそれぞれ、いくつも顔を持っている。百田尚樹著『プリズム』の読書感想(幻冬舎文庫)です。
文芸・文化・芸術

「理想の人生」を探したくなったら読む本。『上京物語』の読書感想

「理想の人生」を探したくなったら読む本。喜多川泰著『上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教え』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の読書感想です。