【2015年秋】読んでよかった本ランキングベスト10

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋と少女

2015年秋(9月〜11月)、乱読家の管理人がこのブログでレビューした60冊の本の中から、「良かった・面白かった・ガツンときた」と感じた本ランキングベスト10です。

1位

本を読む人だけが手にするもの

「本を読むのは、誰のためでもない、自分なりの生き方を見つけるため」という主張が胸を打つ読書のススメ本。

答えがない時代だからこそ、人生に自分なりの答えを見つけたい。そんな方に。

2位

嫉妬をとめられない人

「嫉妬心」という人間のダークサイドについての本。

人間関係で確実に存在する「嫉妬」という黒いものとどう向き合えばいいか、人の嫉妬で被害を受けないためにどうすればいいか実用的な考え方が学べる本になっています。

3位

「学力」の経済学

子どもの学力などの教育問題をエビデンス(科学的、客観的根拠)に基づき理解しようとする、教育経済学という視点で教育問題を考える本。

4位

ブレインダンプ

人生を変えるためのアイディアをどのように見つけるか、どうやって発想を広げいくか、何が変わるのか、ブレインダンプと呼ばれる手法で新しい発想法を習得できる本。

やってみるとなるほど、今までとは違う発想ができるかも!

5位

事故物件サイト・大島てるの絶対に借りてはいけない物件

事故物件サイトから学ぶ失敗しない物件選びの考え方が学べる本。「賃貸で失敗したくない!」と思ったらこの本のノウハウに注目。

6位

直感力

プロ将棋士、羽生善治さんの人生訓、仕事への取り組み方などが書かれている本。直感、運など、参考になる話が満載。

7位

フリーランスで生きるということ

フリーランスとして働く著者によるフリーランス論。

仕事も生活も将来も、何も保証がないフリーランスという働き方にどのような魅力があるのか、マイナス面は何なのか、フリーランスの実態を現実的&公平に理解できる内容になっています。

8位

大人の断捨離手帖

モノを捨て心身軽に、シンプルに暮らしていく断捨離。その基本的な考え方を学べるのがこの本。モノを減らしたシンプルで心地良い暮らしを実践するならこの本で。

9位

お金持ちになる習慣

お金持ちになる人がどんな生活習慣、考え方を持っているのか、お金持ちの習慣が分かりやすく書かれている本。真似てみるとご利益あり?

10位

脱東京

地方暮らしのムーブメントを取材した本。

都会から田舎へ、「地方回帰」の新しいライフスタイルとはどんなものなのか、この本で詳細をチェックできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする