6年以上ブログを継続した私が感じたブログ運営の良い点悪い点

ブログ書いています

2013年7月にブログを公開して6年以上経過。

・ブログによるブランディング計画ゼロ

・SNS、SEO対策一切なし

という、全くのの完全個人のライフログブログですが、累計100万人以上の方にご覧いただき、ブログを継続する意味を実感。

そこでこのページではまだ自分のブログを持っていないけれど、今後何らかの理由でブログを運営していきたい方向け、良い点悪い点を率直に語ります。

一つの意見として参考になれば幸いです。

ブログは作って損はなし

今の時代、率直に言ってブログを始めるのはとても簡単です。

まずドメイン名を決めて1,100円程度でさっくり取得。そしてサーバーを契約。そこにワードプレスをインストールすれば、今すぐ簡単に始めることができます。

昔はいろいろ知識がいりましたが、慣れれば簡単。60分とかからずにブログを始めることができます。

この意味で、ブログは誰でも今すぐ簡単に始めることができます。誰でも自分のメディアを持つことができます。

サーバーはXサーバーが便利です。新規の申し込みならドメインプレゼントのキャンペーンも実施中。お得にブログを始めることができます。

エックスサーバーの10日間お試し

ブログで成功するハードルは高い!

ただ、誰でも始められる=誰でもうまくいくという話ではありません。

特に、ビジネスや自己ブランディング目的でブログを始める場合、しかるべき戦略に基づき、しかるべき手順を踏んで、地道にブログを運営していく必要があります。

記事を書くにも、見出しにこだわり、検索で引っかかる言葉を吟味し、文字数や文章の書き方など、様々な仕組みを織り込んでいく必要があります。

この意味で、当ブログは完全に参考になりませんので、その点はご了承をお願いします。

・好きなことを好き勝手に書く

・SNSを利用せず、記事の情報のカテゴリもバラバラ

これでも運が良ければグーグルが記事を収集してそれなりのアクセスにはなりますが、ビジネス的な利益には一切貢献しないからです。

ブログを運営していわゆる有名人になる人は、ブログを戦略的に更新して、グーグルでアクセスを稼ぐ手法を実践し、かつSNSなど、多様なメディアを戦略的に運用しています。

なので、テキトーに記事を書いていれば人気ブログになって、仕事がもらえたり、お金が儲かるということはほぼ奇跡なレベルの話です。

意図を持って記事を書く。更新する。こうした泥臭い作業を、地味に継続していく必要があります。

アクセスはグーグル次第?

そしてもう1つ、重要な話があります。それがグーグル向けアクセス対策の話です。

2016年くらいまでなら、ブログの記事を書きまくっていれば、努力量に比例してアクセスを稼げた時期がありました。

ところが、ネットの世界は移り変わりが激しく、グーグルのさじ加減で、文字通り天国と地獄を味わうことができます。

例えばあなたがブログの記事を1000本書いて、それでアクセスが1日3000以上稼げていたとします。

それがグーグルの検索エンジンの評価基準が変更。すると、1日3000あったアクセスが、一瞬で1日300アクセスまで下がる可能性があります。

近頃はグーグルの変動の影響が大きくて、2019年3月の大きなアップデートでは、有名なブロガーでさえ、大きなダメージを受けています。

つまり、今後ブログを運営。成功するためのハードルはさらにアップ。コツコツ努力を継続しても、一瞬でダメになってしまうリスクがあるのが現実です。

ちなみに私のブログは2018年8月のアップデートで月7~8万PVだったのが、月3万程度に激減。

それが2019年3月のアップデートで月4万PV程度、1日200~300アクセス回復した状況です。

注意点

・ブログは結果が出るのにそもそも時間がかかる。

・にも関わらず、グーグルの変動でブログのアクセスが激減するリスクが常にある。

・コツコツ更新していても、変動を食らったら一発で退場させられるような大傷を受ける可能性がある。

ブログ運営の良いところ

つまるところ、ブログ運営は簡単ではありません。コツコツ続けたら上手く時代は完全に終了した感があります。

しかしだからといってブログ=オワコン論は言い過ぎかもしれません。

先にも述べた通り、ブログを始めるのは今すぐ誰でもできます。参入障壁はとても低いです。

そして、今後は、グーグルだけでなくSNS等を利用し、戦略的にブログを運営することによって、新しいチャンスを見つけることは可能です。

趣味で好きなこと、書きたいことだけを自由に書きたい方は正直、あまり「ブログで1日50万PV!」とか大きな夢を持たない方がいいかもしれません。

でも、このブログが証明しているように書きたいことを自由に書いていけば、累計100万人がアクセスするブログを作ることはできます。

それに、ブログ経由で新しく誰かと知り合うこともできるので、やる意味がないというのもまた、不適切な表現だと感じています。

ブログ運営してよかったこと

・自分が好きなこと、書きたいことを書く楽しさを実感できる

・続けていれば特にアクセスを集める工夫をしなくてもそれなりにアクセスを稼げる

・ブログを見た人と新しいつながりができる

まとめ

ということでブログ運営を始めて6年以上。

グーグル集客のSEOを完全放置。SNSの利用もなし。なるように任せて運営してきましたが、書きたいことを書く楽しみを実感できるのがブログなのかなと思っています。

ブログをブランディングや自分のビジネスに活用したい方は、それなりの手順を学び、実践していく必要があり、「簡単に成功できる」と思うのはやめた方がいいかもしれません。

ただ、SNSが好きで、頻繁に使っている方なら、SNSとブログを連動させることによって、グーグルからアクセスを集める以外の選択肢ができてきます。

単純に自分が気になっていること、書きたい何かを誰かに伝えたい。そういう方は自分の名刺。紹介方法としてブログを持っておくと、新しい可能性が開けるかもしれません。

特にあなたが文章を書くこと、誰かに話したくて仕方がないことがある場合は、ブログはそれを表現する絶好のツール。

儲けることに鼻息を荒くしない限りにおいては、まだまだブログは価値があるメディアだと感じています。

一つの意見として参考になれば、幸いです。

コメント