ブログのアクセスアップのためにしてはいけない5つのこと

ときには立ち止まってみたいのさ

ブログを始めて気がつけば長い時間が経過。

「アクセスアップの対策は一切しない」

「自分の書きたいことを記事にする」

「毎日更新する」

この3つを原則にしてブログの公開を続けてきましたが、その結果どうなったか。

何度も山あり谷あり、ある段階までは上がり下がりはあったものの、基本的に右肩上がり。記事数に比例してアクセスは上昇していきました。

が、グーグルのアップデートによって状況はあらゆる面で劇的に変化。

同じことをしていてもアクセス&PV数は3分の1(7万→2万)になってしまうという、驚愕の現実に直面。

もはや自分の好きに記事を書いているだけではブログをする意味がない、という事実を、今さながら実感しています。

ブログのアクセスが伸びない5つのNG

ただ記事を書いてもダメ。ブログは続けるだけではダメ。適当にブログ運営してアクセスが増えていくことを期待するのはそもそもおこがましいことである。

その当たり前のことを改めて実感。

ブログを運営してきちんとアクセスアップを狙うなら、まず最低限のブログを公開する上での最低限ルール。

すなわち人が必要とする何かを書くことを始め、アクセスが増えないムダな努力をしないことの大切さを実感しています。

ということで、前置きが長くなってしまいましたが、ブログは努力論にあらず。

根性論で毎日記事を書いていても、その努力の方向性が間違っていれば、その努力はほとんどムダに終わるでしょう。

そこで、アクセスを増やしたい方向けに私の失敗をもとに、「これをしたらブログのアクセスを増やすためにムダになります」という5つのNGをご紹介。

ダメな例を参考に、ぜひブログに野心を持つあなたが上昇していく。そのためのヒントになれば幸いです。

1・テキトーに記事を書く

ブログのアクセスを増やしていく。そのために大切なのはまず、誰かが必要とする記事を書く、ということです。

なぜなら、あなたのブログにアクセスする人は、あなたのブログから何か知りたいことを知るためにアクセスをしています。

その要望を満たすことができるブログはどんどんアクセスを増やしていくことができますし、それができるブログは、ネットの海に沈んでいきます。

この意味で、何の目的もないまま、テキトーに記事を書くのはムダな努力の典型。また、自分の書きたいことだけを一方的に書くのもムダな努力。

読者のニーズ。誰かの「知りたい」と思う欲求を満たせない記事は、あくまで個人の趣味レベルで、アクセスアップが望める話ではありません。

2・手抜き記事を追加して記事数を水増しする

一昔前までは、記事数さえ増やせば、右肩上がりでアクセスが増えていく時代がありました。

そのため、大した内容なことでも記事数を増やすためにどんどん追加していく。それによって、驚くほど結果を出すことができました。

しかし今、記事数重視で大した内容もない記事を追加すれば、

1・ユーザーがそもそも検索しない

2・アクセスが増えない

3・万が一その記事を見る人がいても、「この記事はゴミだ」→「このブログはゴミだ」と速攻でブログから離脱していく

4・グーグルが「このブログはユーザーがきちんと読んでいないゴミブログである」と判断する

5・検索でヒットしにくくなる

6・アクセスが減る

7・ブログ運営者のモチベーションがただ下がり

8・ブログ放置で完全終了

という、悪循環の第一歩を踏み出すことができます。

それは文字数云々の話ではなく、記事の内容の質。情報についての話です。つまり記事を書くなら意味がある記事。ニーズがある記事。書く必然性がある記事。

そういうものを書くことが大切です。

3・グーグルの動きに無頓着になる

結局のところ、ブログのアクセスはグーグルに評価されるかされないか。

同じ内容のブログでも、グーグルの評価基準が変わったとたん、驚くほどアクセス数がぶっ飛んでいきます。

そのため、いわゆるプロブロガーと呼ばれる人たちは、

「グーグルに頼るだけでは危険だ!SNSで自分をブランディングして、いろんな方面から注目されるようにしよう!」

と考えて、TwitterなどSNSでつながりを増やしています。

ただ、ブログに直で一番影響があるのはやはりグーグル。本当の意味で自分の読者とつながっていくためには、やはり検索からのアクセスが超重要です。

そのため、SEOを完全無視したり、グーグルの動きに対して無頓着でいることは、ブログが検索圏外にふっとばされる破滅の道を進むことになります。

最新のSEO技術を学ぶことを始め、どんなことをしたらグーグルから嫌われてしまうのか。最低限の知識は、勉強することが大切です。

ブログを運営する上で絶対に忘れてはいけない「グーグル」という環境

4・ユーザーのことを考えていない

ネットユーザーが検索をしてブログにアクセスをする。それには必ず、何らかの目的があります。

自分が知りたいこと。悩みを解決する方法。ブログ主とつながること。素晴らしいサービスを知ること。

いろんな理由はあるかもしれませんが、結局はユーザーの満足度が全て。そして、ユーザーが満足したかしなかったか。

それが結局はブログの評価そのものにつながっていきます。

この意味で、既に超知名度がある有名芸能人でない限りは、自分の主張。自分の日常。そういった読者が「私はあなたの主張や生活には興味がありません」という記事はNG。

そのような記事をいくら書いてもそれはまさにムダな努力。そんなことをせず、自分のブログのどんな部分が読者に求められているか。

ブログ読者が不満なこと。満足するためにできることは何か。そういう視点を持って、ブログを運営していくことが大切です。

5・スパムに手を染める

今すぐアクセスが欲しい。お金を稼ぎたい。こういうときに忍び寄ってくるのがアクセスアップのダークサイド。すなわち、スパム行為です。

ブログの世界ではこのような邪悪がはびこっているかどうかは分かりませんが、Twitterを使ったスパムや、グーグルを騙す裏SEO。

怪しげな手法でブログの人気を人工的に作ろうとする。そんな悪い方法があります。

具体的にその手法をどうだとか書くことはしませんが、ただ結局真面目が一番。インチキな手法は自分の可能性を潰すだけです。

「あなたのブログを今すぐアクセス10倍にしてみます」

そんな誘惑の声が聞こえたときはぜひ、根本に戻り、人として選ぶべき選択を熟考したいところです。

最後に

以上、長くブログをテキトーに運営してきた結果、意味がなかったこと。意識させられたブログ運営のNG点についてご紹介しました。

ブログを作ったらアクセスを増やしたい。まずその気持ちをしっかり持つことが当たり前の話で、テキトーにブログを運営していたら、自然にアクセスが増えていく。

そう考えること自体がそもそもの間違い。

ということで、あなたがブログに野心を持ち、人気のブログ主を目指すのであればぜひ、最低限、ここで書いていることだけは、しないように注意してみてください。

「これをすればマイナスになる」ということをしなければ、最低限、マイナス査定からは逃れることができますので。

関連記事

ブログの記事数が1000だろうと2000だろうと、ここを間違うとアクセスは伸びない

コメント