ピアノ&ストリングス主体のバラードポップ『ありがとう』の解説

花束

楽曲をお聞きいただき、ありがとうございます。

このページではAudiostockやYouTubeで公開しているオリジナル曲『ありがとう』について、かんたんにご説明させていただきます。

プロフィールはこちら

スポンサーリンク

『ありがとう』について

ピアノとストリングスを中心にしたバラードポップです。メロディのノリを大切にしつつ、ストリングスを大胆に活用し、壮大さを演出しています。

そして様々な音を重ねて、重層的なサウンドになっています。1回聴いたあと、もう1度聴いてみると、「こんな音があったの?」と気づくような作りになっています。

楽曲データ

作曲年:2001年

制作環境:Logic Pro9

使用楽器:ピアノ、ストリングス、エレキギター、エレクトリックベース、ドラムなど

テーマ&制作のきっかけ

私には数はとても少ないですが、10代の頃がずっと付き合いのある友だちがいます。

私は高校卒業後に東京へ出たのですが、そこで試行錯誤の日々を送る中、地元に戻ったときは友だちと旧交を温めていました。

そこではいわゆる大人の事情なしに、自分が思ったことをなんでも話すことができます。そしていつも、なんでも話せる友人がいることは、とても幸運なことだと感じています。

この曲は私が19歳のとき東京から地元に戻り友人と再会。その夜に感じた友だちへの感謝の気持ちを曲にしました。

「これからお互い、いろいろ辛い時期がやって来るかもしれない。それでも、前へ進んでいこう」という気持ちを込めて。

関連情報

A’s Music Channel

Audiostock販売ページ

二次使用に関して

コメント