『今日、ホームレスになった』の読書感想 – 人生どこでどうなるか分からない、それならば

今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生

人生の転落話は他人事ではない!?

増田明利著『今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生』(彩図社)の読書感想です。

この本について

ホームレスになってしまった15人の男たちを取材、なぜホームレスになってしまったのか、人生が暗転してしまった理由などをインタビューしている本。

取材されている人の経歴は様々ですが、その多くが中年以降、会社からのリストラや、早期退職等によって人生が暗転しています

例)

・元大手商社の次長だったFさん52歳(P20)

→会社の業績が悪化、会社の早期退職に応募。「自分のキャリア、能力があれば仕事が見つかる」と考えていたが就職先が見つからず。アルバイトでお金を稼ぐも、マンションのローンや子どもの教育費で家計が圧迫。奥さんとは離婚、ホームレスへ。

・元為替ディーラーで高収入を稼いでいたHさん49歳(P27)

→バブル期はボーナス含め年収2000万以上を稼ぐ高給取り。外資系の投資銀行で活躍していたものの、バブル崩壊で仕事で成果が出せなくなり退職。お金のことが上手くいかなくなると妻から離婚を告げられる。離婚後、英語力を生かし通訳として働くも不慮の事故で仕事を失い、経済破綻。

・大手ゼネコン会社勤務のOさん56歳(P65)

→建築会社の営業部長として活躍するも、会社が倒産。警備会社に再就職をするが、病気のためリストラされてしまう。

会社で働くも中年になって会社の倒産やリストラを経験。

中年期は家のローンや子どもの教育費等、お金の問題が厳しくなってくる時期。その時期に仕事を失い、妻から離婚され、再就職先が見つからずお金に困り、最後にはホームレスになってしまう方が多いようです。

リストラされた人のほとんどが妻から離婚されているのが怖いところです。)

それにしても、読んでいるだけで怖いというか、人生どこでどうなるか、本当に分からないものだと思います。

多分、今のご時世、ちょっと運に見放されてしまうと、人生はあっという間にどん底です。だからこそ、人生に安定を期待せず、常に先のことは考えておきたいもの。

気になったところなど

この本を読んでいて気がついたのですが、リストラなど仕事を失って問題になるのは40歳以降のこと。

インタビューに登場する方のほとんどが、40歳以降に仕事を失ったことをきっかけに、人生が転落しています

現実問題、日本では40歳以降、リストラ等で仕事を失うと一気にきつくなる可能性が高いため、40歳以降は以前のような稼げる仕事が見つからない前提で人生設計をしていく必要があるのかもしれません。

具体的にどうするか、それは人それぞれかもしれませんが、一つ言えるのは、「今」の生活がずっと続くことはないと考えておくことかもしれません。

そこで、

・「今」仕事が上手くいっていても、これから先はどうなるか分からない。どんなときも現状に安心しない。自己研鑚、お金を稼ぐ力、発想力を常に磨く。

・最悪、「今」の仕事がダメになったらどうするかを考えておく。40歳以降、「もし仕事を失ったら○○する」という第二第三の選択肢を用意しておく。

・「今」稼ぎがあるからといって、ローンなど固定となる費用を抱えることはできるかぎり避ける。消費、お金については、身の丈にあった、質実剛健な考え方を大切にする。

など、自分なりの考え方を持っておくことが大切だと思いました。

人生、転落するのは簡単ですが、上に登っていくことはとても大変です。

最善の策は、転落する前に滑り落ちないようにすること。そのため、「今」状況が良いうちから、しっかりと「まさか」のときに備えられることを備えたいものです。

本はこちら

コメント

  1. kayo より:

    はじめまして、関西在住の28歳女です。
    実は私も最近になり札幌移住を考えていて、ネットで情報を得ようと調べていたところ、こちらのブログにたどり着きました。
    人生は一度きりですし、多くのことを調べて決断されたんですね。
    筆者様がこれから気づかれる札幌暮らしでの発見にとても興味をもっています。
    札幌はだいぶ寒くなっているようですし、お体に気をつけてください。
    今後もブログを見させていただきたいので、更新楽しみにしております。

    • akit723 名無しのライター より:

      kayoさん
      コメント、ありがとうございます。

      人生は一度きりなので、「諦めたら将来後悔する」と思って、札幌暮らしを決めました。ただ、後戻りするのは大変なので、情報収集は時間をかけました。

      良いところだけでなく、「失敗」「後悔」とか、ネガティブな情報もきちんと調べて、その上で決めました。

      札幌暮らしは2015年10月末からですが、そこから日々気がついた札幌での生活のことを、「道外から引っ越してきた人間の視点」で、書いていこうと思っています。

      もし札幌暮らしのことで気になることがあれば、参考になれば幸いです。