想いは一つ、愛する人の思いを継ぐために。『愛を積む人』の感想

愛を積むひと [DVD]

想いはつながっていく、人と人をつなげて。

佐藤浩市、樋口可南子主演『愛を積む人』(2015年)の感想です。

あらすじ

工場を営んでいた小林篤史は残りの人生を過ごすため、夫婦とともに北海道の美瑛へ移住、第2の人生を歩み出す。

夫婦が暮らす家は、もともと外国人が住んでいたという一軒家。

美しい家に豊かな自然、篤史はのんびりした暮らしを楽しんでいたが、暇を持て余している篤史の姿を見た妻の良子は、篤史に家の石屏作りを頼む・・・。

トレイラーはこちら

感想など

北海道を舞台にした映画ということで鑑賞。

映画では北海道美瑛の大自然が登場しますが、本当に北海道の自然が美しい!

映画のメインである人間ドラマも感動的ですが、昼に夕、夜、キャストの背景に登場する自然の姿が美しくて、それを見ているだけでも、心に響いてくるものがあります。

以下、ネタばれがあります

ここから物語の話。

苦労を重ねて仕事を引退、夫婦そろって北海道で新しい人生スタート。ところが夫(佐藤浩市)はやることなさそうで毎日ダラダラ。そこで妻(樋口可南子)が、家の未完成だった石屏を作ろうと提案。

夫は妻の苦労をなぐさめるために、妻の要望を叶えてやろうと石屏作りを始めるものの、石屏作りの手伝いをしていた少年が悪い友人にそそのかされて夫婦の家の空き巣に協力。それを発見した奥さんは強盗にタックルされて入院してしまいます。

奥さんは無事だったものの、奥さんはもともと長生きできない体。夫には自分の病状を黙っておき、淡々と静かに暮らすことを選択します。

結局奥さんは死んでしまいますが、奥さんが死ぬ前に自分の想いを伝えた手紙を残し、それが夫や周りの人を温かく励まします。

「完璧な奥さん」という言葉がぴったりなくらい完璧で、こういう嫁がもらえた男は、それだけで人生成功したようなものなのかもしれない、そんなことを感じさせます。

人が生きていくということは、いろんな人との関わりがあって、そこにはいろんな思いや状況がある。

夫婦、家族の在り方、そして周りの人とのつながり、「人はこんなふうに人に優しくできるんだよ」というような、人の温もりが伝わってくるような映画で、とても温かい気持ちになれます。

北海道の美しい自然もそうですが、映画の人間模様に心が洗われて人との関係を見つめなおしたくなる、そんな映画でした。

(でも、この映画の本当の良さが分かるのは、やっぱり結婚して子どもができて、その子どもが巣立って、そういうときなのかもしれませんね。)

DVDの購入はこちら

愛を積むひと [DVD]