人生とはなんぞや、それを自分で考えることで。『人生のほんとう』の読書感想

人生のほんとう

自分自身で考えてみる、だから答えが見えてくる。

池田晶子著『人生のほんとう』(トランスビュー)の読書感想です。

この本について

「常識」「社会」「年齢」「宗教」「魂」「在在」、この6つの視点から人生とはなんぞやを考察する本。

「こうすればこうなる」的な人生論とはひと味違う、本を読みながら考えさられてしまう、読み手の主体性が要求される濃厚な一冊になっています。

以下、本書の読書メモです。

人生とは(P14)

人生とは何か=自分の存在とは何か

人生は人が生きること。生きることを考えることは、生存について考えること。生きて在る、つまり人生を考えるということは、自分の存在について考えること。

問いを発している自分、その存在はとは一体なのか。それは名前や体を持っている自分ではなく、問いを発している自分という存在の謎。

年収はどうである、仕事はどうである、そのように自分は某であると思っているこの「自分」とは何なのか。

それが哲学的に自分を考えることであり、人生を考えること。

思い込みについて(P43)

本来存在していないのに、それが存在するものだと思っている。これを思い込みという。思い込みとは人の思いで、私たちは、頭のなかでたくさんの思い込みを抱えている。

例えばお金。

お金それ自体は物理的なただの紙か、金属片。しかし、お金それ自体に価値があると思い込んだ人が、お金を求め、追いかけている。それが現代社会。

愛とは(P59)

愛とは自分が何ものでもないという一種の状態。愛は何か対象があって発生するものではなく、求めたり求められたりするようなものではない。

だから愛を失うということはなく、失われるものがあるとすれば、それは愛ではない。

ネットに頼るということ(P158)

ネットはとても便利なもの。

情報検索、情報獲得の点ではとても役に立つが、ネットに依存すればするほど、自分でものを考えなくなってしまう。

目の前にある情報を見て、それを受け取るだけ。ネットに慣れると、目の前に見えているものしか見えなくなってしまう

最後には、自分の力で考えることができなくなってしまう。

感想など

ページを進めるたび、「これはどういう意味なんだろう」とつい立ち止まりながら読んでしまった本。

じっくりじっくり読み進めたので、読了するのにかなり時間がかかりましたが、こういう効率を度外視した読書も楽しいもの。

自分で考えて理解しようとする、これが読書の楽しみなのかも。

といっても、この本は一度読んだだけでは、まだまだ分からない、「それはどういう意味なんだ?」というところがたくさんあるのが正直なところ。

哲学の本は難しい本、さっと読むことが不可能な本が多いですが、この本はどちらかというと、講義のような感じで難解さはありません。

ただ、平易な言葉で書かれているので、さっと読めるには読むことはできるものの、一文一文、自分で考えて理解することを要求されている感じです。

ビジネス書を読む感覚で読めない本ではありますが、スローリーディングでじっくりコツコツ、文章の一つ一つをゆっくり味わって、自分なりに考えてみる。

文章から自分なりの答えを見つける。そんな読書の楽しさが味わえる本だと思います。

本の購入はこちら