30万円くらいで一生モノのアコギを買いたい。マーチンやギブソンか国産品か。どちらを選べば後悔しないか。

アコギの練習に励む男

30万くらいの予算で、国産のアコギか、ギブソンかマーチンか、どちらを買おうか迷っている。国産品か舶来品か、どちらがいいか。

初心者がアコギを始めて、ある程度の腕が身につき、そして検討するのが本格的なアコギの購入。

ある程度上達して、いくつか曲を弾けるようになってくると、入門モデルのアコギでは満足できないくらい、耳が肥えてきます。

だからこそ、そういうタイミングで一級品のアコギを購入することは、とても価値がある投資です。

30万投資できるなら、一生使える良質なアコギが手に入れることができるので、楽器屋にアコギを探しに行くときは、最高にワクワクできます。

憧れのメーカーか、それとも品質の国産品か。

とはいえ、30万くらいのラインに入ってくると、マーチンやギブソン、テーラーなどの舶来品が買えます。

国産のアコギでも、K.Yairiやヤマハ、ヘッドウェイなど、丁寧な作りが特徴のジャパニーズ・アコギを購入することができます。

だからこそ、その選択肢は非常に悩ましい。

実際、アコギを楽しむ人にとって、マーチンやギブソンは憧れのブランド。「いつかは一本、手に入れたい!」という気持ちをお持ちの方も多いことでしょう。

ただ、音質的、作りの面で、必ずしも舶来品が国産品を凌駕するほどのサウンドなのか、というと、そこは検討余地あり。

実際、楽器屋さんに行き、国産のアコギを試奏すると、驚くほど、素晴らしい音質を楽しむことができます。

おすすめはこちら

ではどうすればいいか。

ここからは個人的な意見ですが、おすすめなのは、音質も大切ですが、どちらをのアコギを所有すればあなたが満足できるのか。

それで決めるのが結局は、後悔のない選択だと思います。

「ブランドで決める」というと、ミーハー感が出てしまうので、人によっては「お前には本当のアコギの良さなど分からん!」と罵倒されるかもしれません。

しかし、お金を使う以上大切なのは、それを手に入れて満足するあなたの気持ちです。

マーチンが欲しい。あのアコギを自分のものにしたい。それで入手した1本なら、多少、何か問題があっても、愛でカバーすることができます。

国産アコギはコスパで言えば素晴らしい

正直にいって、サウンドとコスパの面でいえば、国産は素晴らしいものがあります。

例えば、K.Yairi。マーチンD18やD28、ギブソンJ-45のコピーモデルを発売していますが、それは本当に素晴らしい。

興味が湧いた方はぜひ、楽器屋さんで本家とK.Yairiを試奏して、比較して欲しいのですが、ハッキリ言って、「ここが絶対に違う!」という、明確な優劣をつけるのは難しいです。

おまけに、価格で言えば本家よりも安いので、コスパの面で言えば、K.Yairiに軍配が上がるというのが個人的な感想です。

それはヤマハでも、ヘッドウェイなど、日本の優良楽器メーカーでも同じこと。

エレキでも、下手に今のギブソンを買うより、フジゲンを買った方がいろんな意味で安心できる場合があります。

国産を買うならオリジナリティ重視

とはいえ楽器は愛機。好きという気持ち。それを所有する気持ち。

そこが大切で、やはり本家への憧れがどうしても強い場合はやはり本家が安心。音を楽しむ喜びだけでなく、あの憧れのアコギを所有できる。

その喜びを実感できます。

もし国産アコギで一本物を探すなら、K.Yairiならカスタム(自分のオリジナル)など、他のどこにもない、一点物を所有するのがおすすめ。

国産のアコギは、作り。品質の面で非常に安心できます。

私もK.Yairiのカスタムを所有していますが、正直なところ、舶来物にも勝るとも劣らない、素晴らしいサウンドを楽しませてくれています。

まとめると

以上、まとめると、もしあなたがブランドにこだわるならそのブランドを買った方が、後悔は少ないでしょう。

そして、ブランド関係なく、限られた予算で、最高級の音質を入手したいのであれば、国産の名器を中心に検討する。

これがおすすめです。

まずは「これを買う」とは決めず、楽器屋さんに出陣し、国産や舶来品、様々なアコギを試奏し、虚心坦懐にそのサウンドを楽しみましょう。

そして、どのアコギを所有すれば一番喜びを実感できるか。ワクワクできるか。それが最後の決断するポイントになることでしょう。

以上、参考になれば幸いです。