ハリウッド版忠臣蔵『47RONIN』を観た感想など

47RONIN (「47RONIN」メインキャスト・ポストカードセット(6枚セット)付き) [DVD]

ハリウッドが忠臣蔵をリメイクするとこんな風になる!?

キアヌ・リーブス、真田広之主演『47RONIN』の感想です。

あらすじ

時は江戸時代、徳川綱吉が将軍の治世のとき。

徳川家を頂点とした江戸幕府は、鎖国によって、海外と隔絶されていたが、徳川による武家社会によって、社会は安定と繁栄を享受していた。

そんななか、密かに自身の野望を満たさんとするものたちがいた。その一人が吉良上野介であり、名君浅野内匠頭が治める赤穂を自身の領地にすべく、陰謀を企てる・・・。

トレイラーはこちら

感想など

舞台イメージや武士の鎧などの衣装等、やけにファンタジー色の強い忠臣蔵だなぁというのが感想。

ハリウッドが日本の芸者を題材にした『SAYURI』という映画がありましたが、あれと同じような匂いが。

製作者は日本を描いているつもりかもしれませんが、日本人の私としては、日本とは程遠い、「日本もどきの別の何か」になっている印象でした。

個人的に、最後の最後まで馴染めなかったのが、登場する武士の衣装です。

日本の鎧という感じはせず、どこの国のデザインとは言いませんが、違和感を感じて映画に集中できませんでした。

綱吉の金色の衣装も安っぽいというか、最初観たときは別に意味で笑ってしまいました。

個人的にキアヌ・リーブスは好きなので、楽しみに映画を観ましたが、思っていた映画とは違い、残念なのが正直なところ。

日本を舞台にした映画なら、忠臣蔵の名前を使うのなら、もう少しファンタジー色をおさえて、違う演出で楽しめれば良かったのですが。

まぁ、浅野忠信演じる吉良上野介の憎たらしさや、真田広之演じる大石内蔵助のかっこよさは素晴らしかったです。最後にスカッとさせてくれるところは、さすがお金をかけたハリウッド映画というところでしょうか。

仇討ち、リベンジものの映画としてみれば、普通に面白い映画です。

DVDがこちら

47RONIN (「47RONIN」メインキャスト・ポストカードセット(6枚セット)付き) [DVD]

コメント