Audiostockにおける楽曲販売についてのお知らせ

販売中の楽曲

2020年2月Audiostockという音楽プラットフォームの存在を知り初登録。

様々な楽曲の販売をスタートさせ3月、そして4月。「精魂を傾けて制作した作品がお金を払って購入してもらっている」ということにとても感動しております。

個人的には長らく人様の商品の販売促進に携わっておりますので、こうして自分の創作物が商品としてお金を払い購入してもらっているという体験をさせていただくことは、とても幸運なことだと考えております。

特に4月は単品の購入を始め、お気に入りクリエイター登録、YouTubeでのチャンネル登録数の増加など、様々なご支援をいただき、とても感謝しております。

そこで先日ツイートさせていただきましたとおり、改めて今後の作品に関する販売についてこちらでお伝えさせていただきます。

はじめに

現状、Audiostockで様々な楽曲を販売させていただいております。

単品での購入やサブスクリプションでのダウンロード、お気に入りクリエイター登録やお気に入り曲の追加、YouTubeでのチャンネル登録等、様々な方から関心を頂き、感謝しております。

4月30日時点におきまして、Audiostockにて一旦サブスクリプションでの販売を中止させていただくことをお伝えさせていただきました。

その理由は今後の創作における方向性を確認させていただくためです。

楽曲のサブスクリプション販売に関して

Audiostockでは定額の費用を仕払うことによって、様々な曲を自由にダウンロードできる定額制のプランが用意されています。

個人向け

法人向け

これらのサービスは音楽を探す側にとっては最小限のコストで楽曲を選択できるというメリットがあると同時に、楽曲を販売する側として、多くの方に自分の楽曲を知ってもらうきっかけになります。

個人的には自分が精魂を傾けて作った音楽を人様に聴いていただき、かつお金を払って購入していただくということを、とてもありがたいことだと考えております。

そして自分が作った音楽の中で、何が選ばれるのか?何が選ばれないのか?個人的に単純な興味を持っております。

求められている楽曲を創作するために

サブスクリプションの場合、「無制限にダウンロード可能」というメリットがある一方、単品購入の場合は1曲いくらという形になります。その点購入におけるハードルが高いと言えます。

逆に言えば、単品で選ばれている自分の楽曲こそ、求められている方向性であると考えております。

そのため、一度サブスクリプションを中止することによって、今後の発売させていただく楽曲の方向性を検討したいと考えております。

というのは、「求められている音楽を提供する」という姿勢は個人的にとても大切な視点だと考えているからです。

最後に

ということで、今後しばらくはサブスクリプションでの販売は差し控えさせていただきますが、新曲の販売を随時、継続してまいります。

ある程度、今後の楽曲販売について方向性が明確になり次第、サブスクリプションでの提供も再度検討させていただきます。そのさいはツイッター等でお伝えさせていただきます。

楽曲のご購入を検討されております方におきましては、当面のところ「単品での購入」のみとさせていただきます。

ご不便をおかけしますが、あなたの心に触れる音楽を制作していきたいと考えております。ご理解ご協力のほど宜しくお願い致します。

あなたの応援に感謝致します。

販売中の楽曲一覧はこちら

販売中の楽曲はYouTubeで無料公開しております。新曲も随時追加して参りますので、チャンネル登録等あわせてご活用いただければ幸いです。

チャンネル登録はこちら

関連情報

【YouTube】A’s Music Channelのご紹介