札幌は激寒だけど、マンションならよほどのことがない限り水道管の凍結は安心。

スポンサーリンク

北海道の大自然

札幌に最強の寒気が到来。

日中もマイナス10度以下という信じられない寒さが続いていましたが、どうやら寒さもこれからは和らぎそう。

TVやネットでは「水道管の凍結に注意!」という話でしたが、私が住んでいるマンションはストーブをつけなくても温度は5度はオーバー。

水抜きをせずに大丈夫な環境だったので一安心。やっぱり、寒さが厳しいときは、マンションがありがたい話です。

スポンサーリンク

「マンション押し」も確かに一理あり

ずっと札幌に住んでいる人が、

「こちらで家を買うなら一軒家よりマンションの方がいい」

と言っていましたが、確かに一軒家だとこういうとき、本当に大変かも。

雪かきはそうだし、寒さ対策とか、水道管とか、いろいろ気をつけるところがたくさん出てきそう。

その点、札幌のマンションは建物自体が北国仕様なので、住人があれこれ意識することはありません。

寒い時期を想定して生活を考える

重要なのが暖房。

隣人が暖房をガンガン炊いてくれると、周囲の部屋も熱が伝わって温まるので、案外暖房費はかからなかったりします。

ただ、下とか隣とかが空き室になっていれば、暖房代金がかさんでしまいますが。

住んでいるマンション内に騒音主さえいなければ、雪国での暮らしはマンションが本当に便利だと思います。

寒さに悩まない部屋選び

自分的には上の部屋からの足音とかあると気になるので、マンション最上階は絶対条件。

ですが、あまり人の生活音が気にならない場合は、冬のマンションで最強なのは、上下左右に囲まれた部屋。

周囲から暖房の熱が来るので、暖房費がリーズナブルになるという話を聞きました。

正直、札幌暮らしで大きなネックは冬の光熱費。

そこさえ節約できれば、家賃は安い。ご飯は美味しい。リーズナブルな暮らしができます。

最後に

それにしても、まだまだ札幌は寒い。

今日は日中でマイナス5度。金曜のマイナス13度のときよりは暖かいはずですが、まだ寒い。

幸い天気は快晴で、気持ちの良い青空が広がっていますが、体感温度は冷え冷えの寒寒。

部屋にいるうちは、ストーブをつけっぱなしでなんとかやり過ごしています。

しかしもう2月も3分の1終了。3月に入れば寒さもきっと和らぐはず。ガス代ももう少し、マシになるはず。

冬来たりなば春遠からじ。寒い日があるからこそ、太陽のありがたみが分かる。

確かに、北国での暮らしは、私自身を、忍耐強い男に変えているようです。

コメント