同じ「暑い」でも、札幌と名古屋の暑さの次元が違いすぎる

新千歳空港

今日は久々名古屋へ帰省するために新千歳空港へ。

今年の本州は異様な暑さということで、名古屋も40度超えの蒸し焼きな気候だったそうですが、今涼しい札幌をあとにするのは、忸怩たる思いがあります。

とはいえ、やることがある以上是非もなし。飛行機へ乗り、新千歳空港から中部セントレア空港へ向かいます。

フライト時間はおよそ90分。

いざ、中部セントレア空港へ降り立った瞬間。もわぁとするような熱気が体を覆います。そして、暑いの次元が札幌の暑さとは全く別物であることを実感します。

ほんと、死ねる暑さとはこのこと。まだ今日は風が吹いているのでそれほど暑くはないらしいですが、それでも暑い。なんでこんなに暑いのだろうかと、夏の過酷さを実感します。

ということで、しばらく当分はこちら名古屋に滞在し、夏の暑さに耐える日々。

思えば去年の夏に名古屋に戻ったときもいろいろ暑かったけど、それにしてもこんなに暑かっただろうか?

札幌の気温に慣れてしまうと、どうにも暑さに弱くなる。そのことを実感した1日でした。