これから、ギブソンはどうなってしまうのか

2018年2月、あのギブソンが経営的にヤバイというニュースが。

それから2ヶ月。「このときが来てしまったか」という追法が。ついにギブソンが日本で言う民事再生法を申請。経営破たんしたというニュースが到着。

ニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-35118608-cnn-int

今後、ギブソンのギターはどうなってしまうのだろう?と、ギブソンオーナーとしては、心配になってしまう話です。

経営破綻の原因となってしまったのは音響など、ギター作りとは直接関係のない分野らしいですが、会社自体が経営破たんとなると当然、ギターの方にも影響が出るのは必然。

まだギブソンのJ200とか欲しいギターがあるのに、これからどうなるんだろう、という話。高くなるのかなー。

まぁ、現行のギブソンは当たり外れが大きいし、ギブソンの場合はビンテージがマーティンほど高くはないので、今後はビンテージオンリーで狙っていくも可能。

この意味で、残念な気はしていますが、何にせよ、前々からギブソンのギター作りにはいろいろ言われている話もありますし、こうなってしまったのもある意味必然かもしれません。

ということで、今後第三者がギブソンをなんとかするのか。ギターブランドはどうなってしまうのか。注目して見ていきたいところです。