物が壊れるときはきっと、新しい何かが始まるときだと思う。

パソコン、またフリーズしたよ・・・

東京出張も終わり、いざ仕事を開始しようとパソコンを起動。

ところがパソコンを起動させ10分くらいすると画面がちらつきフリーズ。今日だけでそれが3回も続いたため、いよいよ潮時を覚悟。

このパソコンは私がフリーランスとして税務署に独立開業届けを出したときからの浸かっていた愛機なので、もう5年以上。

できれば使い続けたかったところですが、2017年あたりから急にショットダウンが起こったり、画面のちらつき→フリーズが起こったり、そろそろ寿命を実感。

それで念のため、予備の中古パソコンを用意していたものの、やっぱり使い慣れているパソコンには愛着があります。

何よりデータの引っ越しとか面倒だし、それで伸ばし伸ばしパソコンの移行を避けていたものの、もうコレ以上は限界。

ということで、思い切ってパソコンを引っ越し。

必要なデータは完全に保存。あと気になるのは個人情報保護のためのHDDの初期化。ところが、この作業がいくらネットで調べても分からず。

それで、結局はHDDを物理的に破壊するいう原始的かつ100%確実な方法を選択することにしました。

まぁ、パソコンを売っても仕方ないですし。ということでドライバーを使ってパソコンのなかをご開帳。

パソコンの中

まぁ何年も浸かっていたパソコンのなかなので、こういうものか、と。

ここまで来たらもう覚悟は決まっています。HDDを取り出し、トンカチを用意。会心の一撃を繰り出し、ディスクにヒビが。

それだけでは不安なので、再度一発かまし、水に浸し、そして今度はディスクにヒビを入れます。

ということで、これだけやれば大丈夫だろうと信じたいところ。

その後早速新しいパソコンにデータを移し替え。しかしここでウィルスソフトがなかったことに気づき、急遽Amazonでウィルスソフトを購入。

ウィルスソフトをインストールするまではMacBookで仕事を頑張ります。

それにしても、長年使っていたモノがダメになってしまうのは少しさびしいところ。まぁ、どんなモノでも古くなります。そしてダメになってしまいます。

だから新しいモノが替りに必要です。でも、それだからこそ新しい何かが始まるかもしれない。

ふと、そんなことを感じた1日でした。