【PV&アクセス数】ブログをSSL化して3ヶ月経った感想

2017年9月。当ブログを常時SSL化。

そこからおよそ3ヶ月が経とうとしています。SSL化して実際どうなったのか、PVやアクセス数の面で、当ブログの状況をあなたにシェアしたい思います。

「SSL化は気になってるけど、アクセス数が下がるかもしれない・・・」

と懸念されている方は、一つの情報として参考にどうぞ。

常時SSL化1ヶ月目の変化はこちら

まずは結果から

最初に結論からいって、アクセス数は減少しています。

アクセス比較

率的におよそ15%ほど。

具体的な数値

これだけ見ると、常時SSL化がアクセスダウンの原因のように思いますが、話はそう単純なものではないようです。

このブログと同時期に常時SSL化したブログのアクセスは、このブログと同じく、最初の一ヶ月目はダウンしたもの、その後増加しています。

別サイトのデータ

それと、最近、ずっと運営してきたサイトをSSL化しましたが、サイトのPV数や滞在時間などは大幅にアップ。

ところが、ユーザー数およびセッション数、検索エンジンからの流入アクセスが下がり、ユーザー数が20%ほどダウンしました(常時SSL化1ヶ月目)

アクセスダウン

このサイトは常時SSL化する9月頃から検索エンジンからのアクセスが減少傾向にありました。

このことから考えると、個人的には、このブログのアクセス数が下がった理由は、常時SSL化というより、2017年9月のグーグルのアップデートの可能性もあるかもしれません。

なので、常時SSL化によってアクセスが下がるというのは、やってみないと分からないところ。

現時点では明確なメリットゼロ。「無理やり常時SSL化をする必要はないのではないか?」というのが正直な感想になります。

今する必要はあるか?

とはいえ今後は、常時SSL化しないことによって明確なマイナス点が出た場合はサイトをSSL化する必要があるかもしれません。

しかし、現時点で露骨にアクセスがダウンしていたり、そういうマイナス点がない限りにおいては、常時SSL化はメリットよりも、むしろデメリットの方が大きい(不確定要因の方が大きい)と感じています。

とはいえ、流れ的には今後、どのサイトも常時SSL化がデフォルトになっていく可能性は高いです。

一時的なアクセスダウンは覚悟の上で、サイトをSSL化するのはありといえばありです。

しかし、既にアクセスが安定して集まっているサイトの場合は、常時SSL化によって、検索順位が下がるリスクがあります。というか、私の経験的には、下がる可能性の方が高いです。

私がずっと運営していてサイトの一つも、SSL化後、順位が面白いくらい吹っ飛びました。

かろうじて上に表示されているものでも、全般的に順位が下がっています。1位→5位とかは当たり前な感じで。

なので、今現時点でSSL化する必要性が絶対的にない限りにおいては、「様子見しておく」ことをおすすめしたいと思います。

メリットよりもリスクあり

以上、このブログを常時SSL化して3ヶ月経った感想です。

基本的にはSSL化にともなうメリットらしいメリットは実感できていません。サイトによってはアクセス数とPV数が増えたくらい。

常時SSL化をするなら、「一時的」(と信じたいですが)に、アクセスダウンすることは覚悟した方がいいかもしれません。

また、検索順位も下がる可能性が高いと言っていいと思います。これらのリスクを考慮した上で、常時SSL化を検討することをおすすめしたいと思います。

一度順位が下がったら、挽回までは時間がかかります。その点はご注意を。